ファンレター

    椰子金さんの言霊によって悪霊が払われました。
    人生は一度きりだという意味もよくわかりました。
    僕は派遣ですが人生をエンジョイすることに決めました。
    職場の正社員の人たちを見ていると、まるで乞食のようだとゲンナリします。
    やれボーナスがどうだ、ヤレ何とか手当てがどうだ、と会社からの施しを受けたいだけの本当にみみっちい話ばかりです。
    大の大人が一体何の話をしているのだろうとウンザリします。
    ああいう正社員の人たちって会社にたかる企業乞食ですね。
    心を売って小銭を稼ぐ餓鬼とか畜生の類ですね。
    アノ人たちがいう社会とか生活とか人生なんか全くの空っぽですね。
    聞きたくもないのですが喫煙所でそんなクダラナイ話を聞いていると全員死んだ方がいいような気がします。
    どうせ自分の人生を生きていないのですから生きててもしょうがないですね。
    椰子金さんは4パチで果敢に挑戦していますが、アノ人たちは1パチです。
    もう何もかものリスクを放棄して、安定という泥沼に自ら浸かっておるようなのです。
    誰かが言っていた人生は暇つぶしという言葉を一番最悪なカタチで具現化していますよ。
    正直申しまして、そんな人たちに囲まれて僕は心底人生に疲れていました。
    この2ヶ月パチンコ……あっすみません、パチンコで負け続けいっそ自爆テロや無差別殺人でもやろうかと秘かに計画していました。
    そんな僕ですが、椰子金さんのブログから迸る言霊のおかげで昨日久しぶりに2万円もパチンコで勝ちました。
    勝ったから生きると決めました。
    本当にありがとうございました。
    陰陽師の式神のようにポケモンマスターのモンスターのようにこれからも圧倒的な言霊でもって悪霊どもを退治してください。
    椰子金さんは僕の守護霊です。

    第2305回「似ていると言われる動物は何ですか?」

    私は顔が長いから馬に似ていると思う。
    だが人から馬に似ていると言われたことがない。
    何故だろう。
    もしかしたら馬以上なのかもしれない。
    実際のところはわからない。
    ただこんな顔の長い私でも年間3分の2以上は顔が長くないように思っている。
    つまり鏡を見ても顔が長くない日が200日以上は確実にある。
    その反面、ごく稀に、とても顔が長く見える日がある。
    そのような時は、天変地異でも起こったような不思議な気持ちで鏡を覗く。
    確かに顔は長いはずだが、よくわからない。
    もしかしたら丸首かVネックかの差かもしれない。
    私はあまり首のすぐ下に生地があるような丸首は着ないようだ。
    特に意識していないが、大体、ゆったりした丸首か、Vネックか、ボタンシャツの一番上のボタンを外すスタイルだ。
    昔は二番目のボタンも外していたが、この年になると田舎のチンピラや貧乏ヤクザみたいにだらしなくなるから最近は一番目のボタンだけ外していることが多い。
    そうだ、思い出した!
    カピバラに似ていると言われたことがある。
    癒し系なのだろうか。

    こんにちは!FC2トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「似ていると言われる動物は何ですか?」ですみなさん、一度は何かの動物に似ていると言われた事はありませんか梅宮は度々、顔が鳥っぽいと言われます目が小さくて、唇がとんがっているという事でしょうかちなみに、好みのタイプはゴリラみたいな人ですみなさんはどんな動物に似ていると言われた事がありますかたくさんの回答、お待ちしておりますトラックバック...
    第2305回「似ていると言われる動物は何ですか?」

    本と作者とSNS

    夫婦や親子やパートナーのように四六時中一緒にいるならまだしも、もし仮に村上世彰氏と会ってほんの一時話をしたとしてもきっと生涯投資家で書かれているような実のある話は出来ないだろう。
    同じく仮に村上春樹氏に会って話をしたとしてもきっと世界の終わりとハードボイルドワンダーランドのような面白い話は聞けないはずだ。
    だから我々は本を読むのだ。
    本とはそういうものだ。
    人間とはそういうものだ。
    本を読めば大体のことはわかる。
    作者と会って話をしても何にも面白くないことはわかっている。
    村上春樹の書くものは好きだが現実の村上春樹さんに会ったところで何の共通項もなく何にも好きになれそうにない。
    同じように村上世彰の考え方には共鳴しても実存の村上世彰さんにはただムカつくだけでケンカ別れして終わりだろう。
    人間とはそういうものだ。
    本とはそういうものだ。
    だから我々は本を読むのだ。
    だから私はSNS的なものが嫌いなのだ。

    投資家計画

    私は、実は、恥ずかしながら、投資家になる予定だ。
    今、勉強中である。
    現在、私にとって、村上といえば、村上世彰である。
    ベストセラーにもなった生涯投資家も拝読した。
    とりあえず月々3000円ずつ投資信託をしている。
    これは準備中という意味での個人的な投資家への道の証だ。
    計画では、42歳(今年12月)までに借金(約100万円)をおパチンコにより返済し終わる。
    そうして、1、2、3年かけて45歳の年に真っ当な投資家としての生活を開始するつもりでいる。
    ご存知のように、現在、私は、何の名刺も持っていない。
    だが、3年後には、投資家・椰子金と書かれた名刺を持てるまでになりたいと思っている。
    そのように生きていく所存だ。
    投資家になった後は、45歳から1年かけて、世界漫遊旅行に出かけるつもりでいる。
    そこで世界の国々をこの目で直に見ながら、世界経済はもとより各国の文化に触れ、さらに投資家としての礎にしたい。
    帰国後は、東京都港区の高層マンションに住むつもりでいる。
    愛車のハーレーでスポーツジムに通うつもりだ。
    代官山の蔦屋書店にも通うかもしれないし、やはりブックオフオンラインで済ますかもしれない。
    まだわからない。
    とにかく計画はここまでだ。
    恥ずかしながら、その後は、まだ、計画していない。

    100歳宣言

    私は。

    煙草もやめない。
    酒もやめない。
    おパチンコもやめない。
    何一つやめない。

    そうして。

    100歳まで生きる。
    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ