マイペース・マイワールド

    心おもむくままに

    夢と魂の関係について

    老人ホームに母の面会に行くと、ここ数回、母は苦笑交じりに必ずこう言っていた。
    「あなたのところに会いに行っても、いつも無視される」
    一瞬、一体何のことだかわからなかった。
    だが、すぐに夢の話だろう、と結論づけた。
    「それは夢だよ。実際寝たきりなんだからどこにも行けないんだ」
    酷な言い方かもしれないが、現実を認知させる為、そう言う。
    母はいつも納得が行かない表情をした。
    来る日も来る日も、ずっとベッドの上で寝ているからだろう。
    こうやって人間はだんだんと夢と現実の区別すらなくなるのだ。
    私は、そう、結論付けていた。
    しかしながら。
    この事には、もっと奥深い人間世界の様相が隠されていたのである。
    いわば霊魂の話である。
    一昨日だった。
    私は、夜、眠り、夢を見た。
    その夢の中に、母が出てきたのだ。
    母は、おぼつかない足取りで、私の前を何度も行ったり来たりした。
    私は、その時、今は会っていない昔の友人と2人で歩いているところだった。
    だから、母に気づきながらも、一瞬、今日は無視しよう、と思った。
    その時、いつもの母の言葉を思い出したのである。
    「会いに行くけど、いつも無視される」
    そこで、私は、ハッと気づいた。
    母は、このことを言っているのではないか。
    確かに、そう言われれば、今までも、同じような場面があった気がする。
    私は、そのたび、今回同様、夢の中で、母を無視していたような気もする。
    だから、私は、この日ばかりは、母に声をかけたのだった。
    「どうしたんだい?こんなところに?」
    すると母は笑みを浮かべ、こう言った。
    「散歩ついでに、会いに来たのよ」
    それから、私は旧友ともども母も連れ、自宅に招待し、料理をふるまった。
    「すごい、美味しい。こんな立派な料理作れるなんて。すごい成長したねえ」
    そんな風に、母は、ずっと笑顔で喜んでくれていた。
    その後、私は、夢から覚めた。
    そうして、この夢の出来事について、しばし寝床で考えた。
    人は臨終間近になると、頻繁に幽体離脱を繰り返すらしい。
    霊魂が集う場所が、夢なのではないか。
    死期は別にして、健康な人間も、寝ている時、魂が、肉体から遊離して、その霊魂の集う場所に移動するのではないか。
    金縛りとも言うらしいが、そういう類のものではなく、私は、これまでの人生で、何度も、寝ている時、起きようとし、肉体に意識を戻そうと苦しむ時があった。
    肉体と霊魂のバランスが崩れた時、霊魂を肉体に戻そうという作業なのだろう。
    夢を介し、時空を越え、旧友や時には死者の霊魂と交流する。
    その場で、人間は、魂の交流をしている。
    若干、話はずれるが、以前、インターネットが夢の世界に似ている、と思ったことがあった。
    肉体は移動せず意識だけを飛ばすところに共通項を見出していた。
    だが、やはりインターネットは、現実の領域であり、夢にはなれない。
    何しろ、夢で飛ばすのは意識ではなく、魂だからだ。
    人間には、精神があり、心があり、なおかつ魂がある。
    魂は、霊魂という言葉のまま、霊性を帯びる。
    人間が霊長類の長とされる所以も、この霊魂の存在にある。
    私たちは、同時代に生きている。
    だが、魂のレベルは、8段階ある。
    輪廻転生の回数により魂の成長が行われる。
    ならば、私は、何度目の人間界なのだろうか。
    私にはわからない。
    ただ、心無い犯罪、人間社会の混乱、それらは魂のレベルの相違にあるのだろう。
    あまり先を急ぐと間違う。
    私は急がない。
    私は所詮レベル8の人間ではない。
    私の霊魂はまだ輪廻転生しなければいけないレベルだ。
    話がそれたかもしれない。
    ただ、これは、ただの夢の話ではない。
    今度、母の面会に行った時、母は何と言うだろう。
    「この前は無視されなかった。美味しい料理をありがとう!」
    もし、そう言ったなら。
    かなり楽しみである。





    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    引退宣言

    3日前、近所のスーパーで半額の刺身を購入した。
    それ以降、今まで、雑巾のように腹を絞られるような腹痛と神出鬼没な下痢に悩まされている。
    仕事も休み横になったりうずくまっている事しかできない。
    これを見た同宿の後輩が嘲笑した。
    「半額ハンターも腕が鈍りましたね」
    私は返す言葉がなく、唇を噛み締めながら、トイレに駆け込んだ。
    3日間の死闘でケツの穴がひりひりしている。
    ぐっと涙をこらえながら、ズボンを下ろした。
    もう半額ハンターは引退だ。
    そう心に決めた瞬間だった。





    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    このブログについて2

    私が進む道は私だけの道だ。

    このブログにあるのは私の心だけだ。





    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    初めての占い

    ふと通りかかった町に占いの看板が出ていた。
    不意に、この先の人生でも占ってもらおうか、という気になった。
    エレベーターを上がり、店に入る。
    8人の占い師がいるらしく、ラブホのようにパネルをタッチして選ぶ方式だ。
    よくわからないから躊躇していると一人の男性占い師が出てきた。
    「今は私しかいないのですが」
    別に誰でもよかった。
    占い師に連れられて個室に入った。
    タロット占いの人であった。
    「何をお知りになりたいですか?」
    「うーん、何かな……」
    改めてそう聞かれると、特に何ということもない、悩みもあるようでない。
    しばし考えた。
    業を煮やした占い師が再度聞いてきた。
    「たとえば結婚とか仕事とか?」
    「そういうの特に興味ないし悩んでもいないんで……」
    沈黙が訪れた。
    占い師にすれば、こいつ何しに来たのだ、という感じだろう。
    「うーん、漠然とですが……この先の人生全般みたいなことを占えますか?」
    占い師は頷いた。
    それから氏名と誕生日を伝えた。
    占い師はタロットカードを繰り、裏返した。
    その中から、一枚、私に引かせた。
    そこから、占いがはじまった。
    タロット占いでは人生は22年周期であるとのことだ。
    結論から言うと、私は来年からはじまるこの後の22年でになるとのことだった。
    王というのは比喩なのだろうが、要は、有り余るほどの財を成し、全てにおいて成功する、とのことだった。
    「やっぱり、そうですか」
    特に驚きもしなかった。
    聞かなくてもわかっていた。
    「男性が占いに来ることは少ないです。男性が占いに来る時は人生の大きな分岐点なことが多いです。あなたは今まさに成功者への道を歩むスタートラインにつくようです。もちろん誰よりもあなた自身がそれをわかっていることでしょう。あなたは確認に来ただけでしょう。ただ一つだけ気になるカードが出ています。それは成功直前でのネガティブカードです。あなたはずっと王になる運命でありながら強引に避けてきたようです。仏陀にでもなるつもりですか。この意味をご自身でおわかりですか?」
    もちろんわかっていた。
    今まで私は成功者も金持ちも王も皇室も何もかも蔑んでいた。
    真の成功者はホームレスと思って生きてきたからだ。
    「わかっています。それが運命なら、これからは運命に逆らわず、有り余るほどの財を成し、成功し、私の財産を世の中に寄付します」
    最後に占い師は、こう言った。
    「是非そうしてください。あなたほどの才気溢れる幸運な運命の人はそういません。もう15年ほどタロット占いをしていますが、こんな素晴らしいカードが出たのは初めてです。勿体無いですよ。正攻法で成功します。もっとリアリストになっていいと思います」
    「わかりました。では、また、22年後に来ます」
    こうして初めての占いを終えた。




    Category : 投資家への道
    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    秋空ツーリング

    台風が過ぎた翌日は晴天だった。
    約一年ぶりにテリーとツーリングをした。
    峠を攻めるような走り屋でないなら、昔からバイク同士ですれ違うとピースサインなどをして挨拶する慣わしがある。
    最近は手を上げる人や親指を立てる人が多かったり、トライクに乗っている人などは手を振ったりするが、私は、照れくさいこともあって、さりげなく昔ながらのピースサインで返し続けた。
    毎回道の駅で休みがてら煙草を吸った。
    何度目かの喫煙タイムにバイクの後ろに大きな箱を載せている日本一周中の大阪のおじさんと風や気温の話をした。
    最後は、BARで出会った女の子の不器用な愛情表現みたいに、お互いの煙草(わかばとマルボロ)を交換して別れた。
    他にも若い男女や、じいちゃんライダーなど、色々な人とすれ違った。
    誰ともほとんど話さずとも、人生は素晴らしいと思えるような充実した一日だった。

    余談だが。
    どうしても2時間ほど走ったあたりから尻が痛くなるという問題が出てくる。
    この対処として、これから日々の筋トレメニューに追加してケツ筋を鍛えることにした。
    ちなみにケツ筋を鍛えるにはバックキックという動作が良いとのことだ。







    Category : バイク日誌
    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback