地底人になった浦島太郎

    先日、日本に住む地上人が多く見ていることで有名なyahooニュースに、地底人のヒントになるような記事があがっていた。

    ハダカデバネズミ、酸欠状態でも5時間生存 研究

    上記記事から引用すると、このネズミには、

    酸素が乏しい環境において体内の糖をエネルギーに代えるユニークな能力が備わっている


    とのことだった。
    関連記事を追うと、更に地底人を知る上で重要な記事を発見した。

    人類の長寿のカギはハダカデバネズミにあるかも 研究者が「謎の能力」に熱視線

    重要な部分だけ引用する。

    地中に穴をほって集団でくらす。


    体長10センチほどで、約30年生きます。この寿命は同じ大きさのネズミの10倍


    病気のがんにもきわめてなりにくいです。年をとっても体がおとろえるスピードがおそく、一生の8割の時間はしわができるなどの変化がみられません。



    椰子金は地底人に連れられて大きな城へ行った。
    「まさか、こんなことが」
    椰子金は幼少期から心の空に覆いかぶさっていた暗雲が消え去っていくのを感じた。
    「日本人が来たのは浦島太郎ちゃん以来だよ」
    地底人は竜宮城を前に驚く椰子金を見て楽しみながら言った。
    浦島太郎は海底火山の火口から地底へ行ったのだ。
    「竜宮城は海底でも宇宙でもなく地底だった!」
    椰子金にとって歴史的瞬間だった。
    浦島太郎の最大の謎は、日本人ならば皆幼少期から疑問を抱いている部分、地上と竜宮城との時間感覚の差異だ。
    その問いの答えとしてハダカデバネズミと浦島太郎と地底人とを考えあわせると全てに合点がいった。
    酸素が薄い地底では半冬眠状態になることにより細胞活動を最小限に止める。
    このことから、意識において時の流れが緩やかに感じられることになる。
    そのことにより、地上では数十年たっていても浦島太郎は竜宮城(地底)ではたった数日過ごしただけと感じたのだった。
    全ては、このハダカデバネズミ同様の能力によって!
    浦島太郎で大事な要素として何を連想するか、無論、亀であろう。
    亀とは、浦島太郎を竜宮城(地底)まで運んだとされる地底の使者である
    亀は、日本において、亀は万年という言葉があるくらい、長寿の象徴だ。
    長寿は、そのまま、地底人の特徴を指しているのである。
    次に気になる存在は、最後の最後に登場する、鶴だ。
    多くの日本人は不問に付しがちだが、浦島太郎は最後鶴になって飛んでいくのだ。
    そして、これまた、鶴は千年と言い、亀には敵わぬまでも長寿の象徴である。
    いわば浦島太郎は地底人には敵わぬまでもそれに近い長寿を獲得したのである。
    浦島太郎物語はそこで終わるが、鶴(浦島太郎)はその後、空を舞い、火口に入っていき、地底へ舞い戻ったはずである。
    もちろん浦島太郎だけではなく、古来から世界中で同じような伝承がある。
    その中で特に地底人を指し示しているとされているものが2つある。
    その1つは聖書外典におけるアルザルである。

    彼等は異邦人の群れを離れ、かつて人のやからが住んだ事の無い更に遠い地方へ行こうと相談した。
    それは自分の国では守っていなかった律法をそこで守る為であった。
    こうして彼等はユーフラテスの河の狭い径を入っていった。
    (中略)
    道程はその地方を通って1年半の遠さであった。
    その地域はアルザルと呼ばれる。
    第4エズラ書・第13章40~47節



    もう一つの記述はインド仏教におけるシャンバラである。

    古代よりチベットに伝わる地底王国「シャンバラ」なるものがあり、シャンバラについて最も体系的に書かれているのが、仏教の最終経典と呼ばれるチベット密教の『カーラチャクラ・タントラ』である。
    カーラチャクラ・タントラを説いたのは、釈迦だといわれている。



    近年世界各国でヨガが流行っていることに、かねてから不信感を持っていたが、ここにきてようやく意味がわかった。
    ヨガ流行の根底にあるのは、200万年前袂を分った地底人への憧憬なのである。
    何故ならば、このインドの修行法であるヨガは、呼吸をコントロールすることを主とする。
    ヨガにおける死体のポーズや、ヨガの変形である日本における座禅を見てもわかるように、ヨガの真意は、息をほぼ止める静止部分(半冬眠状態)にこそ核心があり、健康とかアンチエイジングに効果があると言われる所以の種明かしを言ってしまえば、呼吸を緩やかに止めることにより細胞活動を緩やかに止めることを意味し、いわば地上に居ながらにしてどうにか地底人と同じような生態を得ようとする(地底に住むことにより自然と半冬眠能力を得て長寿を獲得した地底人に近づこうとする)行為なのである。
    ここで、誰しもが疑問に思うだろう。
    上記、二大宗教の記述や日本における浦島太郎を見ればわかるように、古来地上人は確実に原始地底へ入っていき暮らしてきた枝分かれしたもう一つの人類の存在を知っていたのである。
    それなのに、何故、現代地上人は、地底についてこんなにも無知なのだろうか。
    ある時期までは、浦島太郎に見られるように、数は少なくとも地底人との交流は行われていたはずであるが、いつからか地底人と地上人は、完全に隔絶してしまっている。
    このことに関しては、ダライ・ラマ14世の意味深な発言がある。

    地図を広げてシャンバラを探しても見つけることはできない。
    それはカルマと徳の熟した者以外には見ることも訪れることもできない清浄な土地なのである。実在の清浄な土地であったとしても、通常の人が飛行機の切符を買ってたどり着くことはできない。
    もし将来、宇宙旅行の技術が発達して超高速飛行が可能になれば、あるいはそこに辿り着くこともできるかも知れない。
    だがその場合、その切符は高価なものになるだろう!
    実際にはその切符とは徳を積む行為のことだ。-ダライ・ラマ14世-



    確かにダライ・ラマ14世が言うように、浦島太郎は亀を助けるという徳を積んだから地底へ行くことができたのだった。
    地底人は、物思いに沈む椰子金の肩に手を置き、こう言った。

    「太郎ちゃんは地底から地上へ帰ったはいいが地上原理に幻滅したんよね。それで再び地底に戻ってきたんよ。まだ生きてるよ。どうだい、会いにいくかい?」



    地底人との邂逅

    椰子金は、地球の中心目指して、土中をモグラ並みに下へ下へと掘り進んでいった。
    掘り進んでいく途中で、おでこの先からドリル状の角が生えた。
    しばらくすると、マントルにぶち当たった。
    そこで一人の地底人と出会った。

    〈地底人の基礎知識〉
    地底人はアトランティス大陸の末裔だとする常識がある。
    だが、それは半分あっていて、半分間違っている。
    正確に言うと、アトランティス大陸の末裔は、地底人ではなく、地下生活者だ。
    それはドストエフスキーにおける地下生活者の手記の主人公のようなものだ。
    椎名誠の娘である渡辺葉が翻訳したことで有名なジェニファー・トス『モグラびと ニューヨーク地下生活者たち』におけるニューヨークでの地下生活者のようなものだ。
    つまりは地上人の枝葉としての地下生活者でしかない。
    考えるまでもなく、そもそもそのような似非地底人(ただの地下生活者)には、高温灼熱のマントル内での生活は不可能だ。
    真の地底人は、地上人の先祖が200万年前アフリカから出立するのと同時期に地底に向かった一群の末裔なのである。

    〈地底人の証明〉
    近年、元CIA職員であり世界中の人々をCIAが監視している超監視社会の現実を告発しロシアに亡命し映画にもなったことで有名なエドワード・スノーデン氏が地底人は存在するとの発表を行っている。
    ここにきて、以前は、宇宙人は宇宙の彼方からやってきた地球外生命体であるという常識や、タイムマシーンに乗ってやってきた未来の地球人であるという常識が覆され、宇宙人は地球外生命体でもなく未来の地上人でもなく地底人であるという説が濃厚な新常識として定着しつつある。
    火口周辺のUFOについては、火口に吸い寄せられるように入っていくUFOや、飛び出してくるUFOなど、日本を含め世界各地の火山に設置された噴火警戒カメラにかなりの数の映像として確認されている。(youtubeにもあるので是非ご覧になって頂きたい。)
    椰子金は土中を掘りながら進化の過程で獲得した角で持ってマントルへと到達した。
    だが、200万年前のホモ・エレクトスは、火口から滑るようにマントルへ下っていったのかもしれない。
    土を掘るより抵抗が少ない。
    はじめから開いている穴に入っていく方がずっと楽だろう。
    アメリカにはCIAの他に宇宙をテーマに活動しているNASAという組織がある。
    スノーデン氏の地底人への言及は、ただの世迷言ではなく、CIAに続きNASAに対する告発でもある。
    地底人こそがUFOの正体であるとするスノーデン氏の告発は、地上人を騙し、宇宙人への興味によって莫大な予算を獲得してきたNASAにとって、自らの存在意義を否定された致命的かつ不愉快な真実に他ならない。
    スノーデン氏は、CIAだけでなく、NASAをも敵に回したのである。
    では、なぜ、スノーデン氏は、命の危険を省みず、地上人が多くの洗脳に侵されていることを指摘したのだろうか。
    真実を隠して進むことへの警鐘であろうし、自らの心に忠実に耳を傾けた結果としての地上人への愛だろう。
    このスノーデン氏の勇気に多くの地上人はどう応えるのだろうか。
    もう何が真実かすらわからなくなっている地上人は、これによって、目を覚ますのだろうか。
    しかしながら、海底も地底も知らずに、病的なまでの論理の飛躍で宇宙を目指す浮世離れした地上人は、それでもまだ多くの妄想じみた幻想を手放さないままでいる。

    〈スノーデン氏以前の告発〉
    過去、奥崎謙三が神の啓示として、地上原理への否定を行った。



    徹底して地上原理への否を訴えたが、無知蒙昧な野蛮人である地上人の多くは、黙殺し、嘲笑った。
    一方、海を隔てたイギリスでは、コリン・ウィルソンが登場した。
    彼は、アウトサイダー出版後オカルトへの言及を深めていったが、多くの地上人は、奥崎同様ゲテモノ扱いしたのだった。
    究極のアウトサイダーとは、何であるか。
    それは、地上原理の外に飛び出すことである。
    突き詰めていくと、地上原理により肯定されているものはことごとく否定することは当然であり、地上原理の噓を暴くためには地上原理により否定されているものを肯定しなければならないのだ。
    コリン・ウィルソンは、文学を手放したのではなく、最後まで、自己の当初のテーマであったアウトサイダーを究極まで追求していっただけである。

    椰子金は、日本人の流儀で、地底人にこくっと会釈をした。
    地底人は妖精のようでもあり、よく見る宇宙人グレイの様でもあった。
    地上では体を大きくする必要があったが、地底では逆に小さくする必要があったのだろう。
    「何しにきた?」
    地底人は警戒しながら地上人である椰子金に問うた。
    「世界というチャブ台をひっくり返す!」
    椰子金はおでこの角をぴくぴくさせながら言った。
    すると地底人は、警戒心が解かれたように一気に柔和な笑みを見せ、椰子金に手を差しだした。
    「ようこそ、地底へ!」
    椰子金と地底人は、200万年の時を埋めるように、堅い握手をした。




    ツチホリシオオミカミの誕生

    椰子金は立ち止まった。
    これでは前と同じだと気づいた。
    灼熱の砂漠の真ん中に座り込み思案した。
    本当は歩き出してはいけなかったのだ。
    地上の原理の外に出なくてはいけなかったのだ。
    だからミイラ取りがミイラになったのだ。

    地底へ、行こう。

    椰子金は行き先を上(宇宙)から下(地底)へ真逆に転換した。
    価値観の転換により椰子金は地上を照らす太陽を哀れみ一瞥した。
    天照大神(アマテラスオオミカミ)は人間の心までは照らせなかったのだ。
    もうこの空はただ鳥のものとなった。
    そもそも宇宙や宇宙人のことは森井聖大の仕事だ。

    同じ道を歩けば、共倒れになるだろう。

    椰子金はモグラのように土中深く掘り進んでいった。
    この時、内なる人間の心を照らしだす土堀大神(ツチホリシオオミカミ)が生まれた。
    ようやく、これで、20世紀は塵となり、ここから、新たな世紀がはじまった。

    真の21世紀が幕を開けた。


    新たな旅路へ

    椰子金はあてもなく生まれた。

    椰子金はあてもなく立ち上がった。

    椰子金はあてもなく歩きはじめた。

    地獄のなかで天国を探すように。

    まだ見ぬ道をあてもなく歩きはじめた。




    突然の改名発表

    読者の皆さまへ。
    突然の発表で驚かれることと思いますが、2017年新年度に入り、新たな気持ちで、改名することにしました。
    新しい名は、椰子金、です。
    ただ、森井聖大名義での著作も多数あります。
    また、まだ森井聖大でやり残した仕事も多々あります。
    よって、私と私の中の私とで協議を重ねた結果、これからしばらくは書くものや活動種別によって、この2つの名前を使い分けていくことと相成りました。
    さて、はりきって参りましょう!
    エイ・エイ・オー・マイゴッド!!
    現象として視覚化はできませんが、私の中で今まさに椰子金と森井聖大は微笑みあっているのです。
    読者の皆さまにわかりやすく伝えると。
    森井聖大「椰子金よ。お前は未知の生物で何者かは知らぬ。だが応援するよ」
    椰子金「おうよ。あんたは引っ込んでてくれ。あんたは、ただ、そのやり残した宇宙規模の文学的事柄とやらを完遂することだけを考えてりゃいいんだよ。あとは俺がやるよ」
    森井聖大「ああ邪魔はしない」
    椰子金「ありがとよブラザー」
    まあ、こういう感じです。
    ということで、これからも、よろしくお願い致します。


    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ