賢者の嘘

    噓をついた時の居心地の悪さに身悶えする夜があるだろう。
    噓をついた自分の未熟さに恥じ入り穴があったら入りたくなる日があるだろう。
    特に自分を大きく見せる為についた噓ほど醜いものはなく、次の日、情けなくなり、死にたくなるだろう。
    だが、良いのだ。
    噓は人間を成長させるのだ。
    その自己嫌悪こそが我が身を見つめることになるのだ。
    気にせずに、どんどん、噓をついて良い。
    そして、絶望的にまで、恥じ入れば良い。
    かくいう私も昨日噓をついた。
    職場の飲み会で、とある30代前半の青年が羨望の眼差しで語りかけてきたのだ。
    「僕も椰子金さんみたいに自由に生きたいんです。どうしたらいいですか」
    どうやら青年は私を筋金入りの無頼派だと思い込んでいるらしい。
    私は勘弁して欲しいなと思いながらも仕方なく青年のイメージにあわせそれっぽいことを助言した。
    「人生は一度だからな。誰の思惑にも振り回されず、なるべく自由に生きた方がいいよ。そうだな。若いのだから色々なところに旅をするのがいいな。例えば世界一周とかね」
    すると、青年は、目を輝かせながら、こう聞いてきた。
    「世界一周したんですか」
    私は、ここで、一瞬迷った。
    いや行っていないけどね、となると助言の辻褄があわなくなるだろう。
    そのような、一瞬の判断から、こう言ってのけた。
    「ああ、もちろん。船でな」
    そうして、私は、前回取り寄せたピースボートの資料を思い出しながら、船内の様子や、世界の人々との触れ合いなど、持ち前のリアリティ溢れる想像力でもって話して聞かせたのだった。
    「やっぱそうでしたか。世界一周とかしてそうだもんな。すごいなあ」
    青年は終始感嘆しながら私の噓に聞き入っていた。
    まだ酒を飲んでいたから良かった。
    だが、家に帰り、酔いがさめると、途端に恥ずかしくなった。
    実際のところ、世界一周など行った事ないのだ。
    海外は韓国にしか行った事が無いのだ。
    さらに国内においても、東京より上には行った事が無いのだ。
    死にたくなった。
    明日から私は職場で世界一周した男として有名になるだろう。
    だが、一日たって、真実に気づいた。
    もっと言うと、これは事実ではないが真実なのだ、と気づいた。
    相対性理論にあるとおり時間軸は一方向ではない。
    私の思うがままに変幻自在なのである。
    過去には行った事が無くとも未来には行くかもしれないのだ。
    そうすると、いつか、この噓も本当になる時がくる。
    いつか、私は、世界一周に行くだろう。
    行きたいと思っているのだから、いつか行くだろう。
    それだけの事なのだった。

    開眼

    それから幾日かすぎた。

    地底では数日だが、地上では数十年たっているだろう。

    みんな元気にやっているだろうか?

    もう死んでしまっただろうか?


    椰子金は物思いに沈んだ。

    鶴亀命「どうしたんだ若造、もう地上が恋しくなったのか?」

    椰子金「イヤ、別に。ちょっとそんな風に思っただけだ」

    鶴亀命「どうせあいつらは地上原理のウソに洗脳されたまま虚しく踊り死ぬだけだ」

    椰子金「地上ではすべてが噓の上塗りのデタラメばかりだ」

    鶴亀命「宇宙を想像しているつもりで悦に入っているボケナスばかりだ」

    椰子金「あいつらには想像力の欠片もない。ただ情報をインプットしてその気になっているだけだ」

    鶴亀命「その証拠に、地底を想像しろ、と言ったら、きっと何にも思いつかない。脳ミソが固まっているのだ。それでも自分の想像力の無さを棚に上げて、地底には何も無い、などと恥ずかし気もなく抜かしやがるのだ」

    椰子金「見えるモノしか見えない心盲だ」

    鶴亀命「ならば、おまえには、見えるか?」

    椰子金は、おでこのドリルを、ゆっくり撫でた。

    「今、クッキリ、見える。この地底世界の全貌が!」




    地底問答

    あたり一面、澄んだ緑色の世界に、2つの影が対峙していた。

    鶴亀命「なぜ此処へ来た?」

    椰子金「現実が、地上が、嫌になったからだ」

    鶴亀命「現実を変えようとは思わなかったのか?」

    椰子金「すべては地上原理の中の茶番だからだ」

    鶴亀命「地上に嫌気がさした奴はたいがい宇宙へ行く。なぜ宇宙へ行かなかった?」

    椰子金「現実から離れすぎているからだ」

    鶴亀命「ほとんどの者にとって地底より宇宙の方が現実だろ?」

    椰子金「地上原理の中のただの妄想だ。地上を牛耳る国家主義者たちの策略に乗っているだけだ」

    鶴亀命「おまえが言う現実とは何だ?」

    椰子金「この精神、だ」

    鶴亀命「おまえは社会主義者か共産主義者か?」

    椰子金「まったく違う」

    鶴亀命「おまえは何者だ?」

    椰子金「いま、地底人、となった」

    それから、2つの影は1つに重なりあい、緑色の世界へ消えていった。

    この世の真実

    地獄が下に在る、というのも噓だった。
    神が上に居る、というのも噓だった。

    真実は、こうだった。

    神は下(地底)に居り、地獄は上(宇宙)に在る。

    ロシアとスノーデン氏と地底人

    1989年、シベリアで地質調査をしていたロシア科学チームによって、或る音が録音された。
    ドリルで地下14.4kmまで掘り進んだ時、奇妙な音が聞こえてきた。
    マイクを向け確認すると、叫び声をあげる人間の声だった。
    叫び声は一人の人間のものではなく、何百人もの人間の悲鳴だ。
    この声は、地獄の音として新聞記事にもなり、録音された音声データも公開されている。
    下記動画の3:00あたりからが問題のシーンである。
    誰も居ないはずの地下深くからこのような無数の叫び声が聞こえてきたのである。



    当時をふりかえり、舞戻鶴亀命(元・浦島太郎)は、以下のようにコメントしている。
    「いやあ、椰子金よ、おまえのおでこドリルの比じゃないぜ、いきなり頭上から超どでかいドリルが現れたからさ、みんなビックリしちゃってよお。無知蒙昧な野蛮人である単細胞でおたんこなすの地上人がいよいよ攻めてきたかって。でも、わいは言ったよ。皆、落ち着け、バカの相手はすなって」

    それから約30年後。
    米国などファイブ・アイズや同盟国による地上人監視体制強化の道筋に否を唱えたスノーデン氏は、ウィキリークスからの支援を受けながら、そのロシアで暮らしている。

    アメリカ合衆国における内部告発者の処遇は厳しく、例えばマニングは公判が始まるまでに非常に長い間拘留され、独房で全裸で眠ることを強制されるなど酷い扱いを受けていると言う。在英エクアドル大使館に滞在しているウィキリークスのジュリアン・アサンジは、スノーデンの支援を行っていることを明らかにしている。支援は航空機や宿泊先、弁護士の手配、通信の確保など逃亡生活を直接サポートする内容となっている。

    2014年7月、弁護士によりロシア内の滞在期間延長が申請され、3年間の期限付き居住権を得た。2017年1月に、スノーデンに対するロシアの居住許可は、2020年まで延長されている。

    「ロシアで一時難民認定を受けた事は、幸運だった。なぜなら、米国に帰っていたら、自分を待っていたのは、発言の権利の無い不正な裁判だったと思うからだ。ロシアは現代の国だ。」と述べて、充実した生活を送っていることを明かしている。

    wikipediaより抜粋



    現代の国の意は、米国や同盟国に比べ「真っ当な」という意味だろう。
    さらに、スノーデン氏は、地底人に対し、このように語っている。

    結局、最も信頼性がある不可解な目撃例は、熱水噴出孔から海底を出た後に、直接太陽の軌道に入っていくことが目撃された車両です。



    この発言をそのまま信じれば、地底人は、地底から熱水噴出孔を通り、そのまま宇宙へ飛んでいることになる。

    しかしながら、この発言を打ち消すかのように、熱水噴出孔について、先日、下記のようなニュースが発表された。
    熱水噴出孔 周囲で電流確認 有機物に影響、生命誕生か

    地球の生命は約40億年前、高温高圧の熱水噴出孔の周りで誕生したとの説がある。だが、生命のもとになる有機物から、DNAや組織など生物に欠かせない複雑な分子がどのように作られたかは不明だ。チームの山本正浩・同機構研究員は「熱水噴出孔の周辺は『天然の発電所』。この電気エネルギーが生命誕生の鍵となったかもしれない」と話している。



    毎日、様々な有象無象の研究論文が発表されている中で、どれを取り上げるかはメディアの意思である。
    このニュースの真意はどこにあるのだろうか。
    そもそも熱水噴出孔からの電流については、以前から、地底人の生活から零れ出ているという説があった。
    そうして、生命誕生に関する根拠が皆無である論文で、このニュースの真意は、まさに『』の部分、天然の発電所の箇所を強調しているだけだった。
    無論このような研究をしている実直な科学者には何の罪もない。
    ただ、このニュースは、スノーデン氏がロシアに渡り地底人に対する情報を語りはじめた後に、熱水噴出孔の電流は地底人の存在証明ではなく自然現象だ、と主張したのである。

    「……」

    途方に暮れる椰子金に、舞戻鶴亀命は、こう言いのけた。

    「地上原理が噓を積み重ねるのは猿じみた野蛮な権力闘争の前頭葉による変形だからじゃ!わかったか!」




    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ