森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    長生きの秘訣

    今年に予定していたことを11月中に全て終えた。
    気分的にもう今年が終わった気がした。
    ここ1週間、「早めの正月休みだ」と勝手に決めて、仕事を休んでいる。
    これでいいのだろうか。
    飲みすぎた挙句、ひたすら寝ながら読書、気晴らしにパチンコに行ったり、youtubeを延々と見たり、挙句の果ては、こうしてブログなどを書いて言い訳をしている。
    これでは、ただのアル中の、ひきこもりの、ろくでなし、ではなかろうか。
    これがまだ20代くらいの青年ならば「そういう時もあるさ」で笑って片付けられそうな気もする。
    だが、もう40歳を超えているのに、まだこの体たらくなのだから、どうしようもない。
    これが、不惑の40代のすることだろうか。
    恥を知れ!
    どうにか喝を入れたい。
    だが、この芯から腐りかけている非常識な哀れな男は、1週間も経たずに何もかもを忘れ、また同じような失敗ばかりを繰り返すのだ。
    何なんだろう、この人は。
    体罰も時には必要とばかりに、ぶん殴ってやれば目が覚めるだろうか。
    きっと自分の落ち度など棚に上げ、「何様のつもりだバカヤロー」とワーワー言いながら、殴り返してくるに違いない。
    では、どうすれば、この体たらくから改心し、立派な40代になってくれるのだろうか。
    もう無理なんじゃないか、と私は思うが、どうだろう。
    しかし、こういう奴ほど、きっと成功するのだろう。
    持ち前の鈍感さで、どこまでも調子に乗って、宇宙の彼方や、地の奥や、海の底まで、どこまでも突き進んでいくだろう。
    ここまで書いて、今、ようやく、ある結論に辿り着いた。
    こういう人間は、世の中に、必要な人間なのだ。
    みなが冷静沈着な大人なら、誰が地底や海底や心底まで降りていくだろうか。
    私が生きている意味があるとすれば、ただ、この「体たらくのおたんこなす」の一点ではなかろうか。
    私は、きっと、誰よりも長生きするだろう。


















    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    愛するシャキーラ

    私はシャキーラを愛しはじめている。
    この生命力に惚れてしまったようだ。
    現在40歳の彼女だが全く年齢を感じさせない。
    シャキーラは自身の生命から溢れ出る内燃機関のエンジンそのままでしっかりとただ歩いていく。
    こんな女性が、犬の散布をしていたら、そりゃ誰でもついていくだろう。





    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    ストラマーズの岩田さんへ

    ストラマーズの岩田さんが今年の5月に亡くなっていた。

    安らかに眠れ。










    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    テレパシーへの返答

    今日、ある人のテレパシーを執拗に受信した。
    テレパシーに関しては、確実に在るのだが、それを本人が自覚しているかはまた別の問題である。
    メールを送ってもいいのだが、
    「テレパシーが届いたけど、大丈夫かい?」
    といきなり言っても、逆に、
    「そっちこそ大丈夫か?」
    となる可能性もある。
    こういう時の反応の仕方は中々むずかしい。
    だから、ここに書いておく。

    「私もそのことを考えている。」





    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    200円

    私は疲れた。
    もしかして鬱ではないかと思った。
    よくよく考えれば最近心躍ることといえばパチンコだけだ。
    日常は全く面白くない。
    これがギャンブル依存症というものではないだろうか。
    そんなことを考えながら軽自動車(レンタカー)を運転していると眩暈がしてきた。
    やはり軽は疲れると感じた。
    若い時は軽でもよかった。
    何ならスクーターでもよかった。
    だが、今では、疲れる。
    20歳くらいに見えても、やはり年なのだろう。
    今度車を買うとしたらクラウンにしよう。
    ベンツかBMWかクラウンだ。
    高い物には高いだけの理由がある。
    この結論は先日高価な馬刺しを食べて気づいた。
    高い馬刺しを食べたら世の中にこんな美味しいものがあるのかと思った。
    だからクラウンにしよう。
    古いクラウンならば安い。
    だが元は400万を超える高級車だ。
    そんなことを思いながらコンビニで200円くらいの栄養ドリンク(正式名称は確かリボビタン8だった)を買った。
    気休めのつもりで飲んだ。
    すると驚くほど鬱々とした気持ちが吹き飛んだ。
    妙に活動的な気分にもなった。
    私は笑った。
    もう何でもいいと思えた。
    たった200円の栄養ドリンクさえ飲めば全ては解決する。
    全ては杞憂と悟った。






    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。