森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    もう高校生

    今日の午前中、娘から、某県の県立高校に無事合格したとの電話があった。
    「すごいやん、おめでとう!」
    「いや別に大した高校でもないし」
    しかしながら中一の時は1学年100人中95位というビリギャル状態であったことを昨日のことのように覚えている私にとっては奇跡が起きたように嬉しい。
    「よし、そうと決まれば、中学卒業祝いと高校入学祝いを兼ねて1泊か2泊の旅行に行くか。どこがいい?」
    このブログにも書いてきたように思い起こせばこれまで娘を連れて何度も旅行をしてきた。
    見聞を広げるという教育的目的もある。
    そういう時、決まって娘は「やったー」と目を輝かせ歓喜の声をあげた。
    私はそのことを昨日のことのように覚えている。
    そう、今回も、そのはずだった……。
    そういう反応を期待していたのだが……。
    何ということだろうか……。
    思わぬ言葉が返ってきた。
    「日帰りがいい」
    「ん?せっかくだから、どっか泊まろう」
    「いや、泊まるのはちょっといいかな」
    「ん?なんで?」
    「別の部屋取れる?」
    「ん?なんで?」
    「もういい。天神に買い物連れて行ってよ」
    「天神?まあいいけど。じゃあ天神付近に泊まる?」
    「いや、日帰りで」
    私は今ようやく気づいたのだが、娘というのは高校生くらいになると父と2人での旅行は遠慮したくなるようだ。
    理由は色々あるのだろうが、はっきりしたことは私にもよくわからない。
    問い詰めても娘は口を濁すばかりだからだ。
    ただ幼き時から優しき娘だから、推測するに、この不甲斐ない父の経済状況などに気を使っているのかもしれない。
    「大人にならなくていいよ。わがまま言っても」
    私がそう言うと、娘は最後にこう言った。
    「もう高校生だから。とにかく日帰りで」
    どこまでも気を使う娘である。




    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    卒業おめでとう

    3月3日、娘が晴れて中学校を卒業した。
    旅の途中だから卒業式には行かないと告げた。
    もともと学校嫌いなのもある。
    3年前入学式には行ったのだが、その時、どうにもならない違和感を覚えた。
    学生服姿の黒尽くめの集団が心底気持ち悪かった。
    何の儀式だろうか?
    魔女でもあるまいし。
    自分が中学生の頃も嫌いだった。
    悪魔に魂を売るような、国家に魂を譲り渡す儀式にも見えた。
    ああいうのを見ると鬱になる。
    大人しくする必要もない子どもたちに「大人しくしなさい」と怒っている教師たちは、人間をAI化しようとしているのだろう。
    ただただ国家統制の為に、社会秩序の為に。
    そのようなしたたかな悪意に満ちた気持ち悪い儀式に参加する気にはなれない。
    「わたしはもう慣れたよ。高校の入学式にも来ない?」
    「それは行きたい」
    「えっ?同じく黒い学生服で黒い集団よ?」
    「にこるんやみちょぱのような革命児がいるか見に行きたいんだ」
    「いないでしょ」
    そういうことでアノ娘も無事中学を卒業した。
    これからもコノ魂を手放さずいてほしい。










    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    娘の事故ー自転車(小学生)VS歩行者(園児)ー

    どうやら娘が事故を起こしたらしい。
    元妻から電話があった。
    概要はこうである。
    友だちの家に遊びに行く途中、ちょうど保育園の前を自転車で通っていたら、園児が急に飛びだしてきて、接触し、園児が転倒した。
    その時は外傷もなく、園児の母親は園内でママ友と談笑中だったが、倒れた園児に気づき、すぐに起き上がった我が子に「飛びだしたらダメじゃない」と叱りつけ、娘に「ごめんなさい」と謝ったそうである。
    まあ、ここまでは、よくある日常の光景である。
    本題はここからである。
    それから2日後の今日、元妻のもとへ学校から電話があったのだ。
    概要はこうである。
    本日、娘が通う小学校に、転倒した園児の父親から電話があったのだ。
    2日前に自転車に乗って保育園の前で園児と接触した生徒を探している、と。
    父親曰く、その後、園児は鎖骨骨折をしていたとのことだった。
    それで学校の先生は、ホームルームの時間に生徒に聞いたところ、娘が勢いよく手をあげて、「わたしです!」と名乗りでたとのことである。
    それで、先生が元妻に電話をしてきて、
    「骨折自体はたいしたことないとのことですが、相手の父親が一度話をしたいと言っているのですが、どうしますか?」
    と聞いてきたという。
    元妻曰く。
    「あら、怪我をしたなら、謝っときます」
    ということで、その父親の携帯に電話した。
    すると、その父親曰く。
    「一回会って話をしたい」
    それで元妻は、僕のとこに電話をしてきたわけだった。
    「なにこれ?お金の請求だよね?」
    「だろうな。まあでも鎖骨骨折は簡単になるし、自然治癒だから治療費もしれてるよ」
    「でも何か腹たつのは、だいいち、ちゃんと自分の子どもを見てなくて話に夢中になってた母親にも責任があるじゃない。小さい子どもなんて目を離したらどこに行くかわからないことくらいわかるでしょ。この場合、こっちが全部払わないといけないの?」
    「娘にも責任があるから全額はどうかわからないが少しは払わないといけないだろう。でもまあ、あまりに法外な金額を請求されて不服なら、支払わないと言えば、相手が簡易裁判にでも訴えるだろう。それは話しを聞いてから決めたらいいよ」
    「わざわざ会いたいなんて、金しかないわよ。相手の父親は27歳で何か頭悪そうだし話にならないかも」
    「でも、それはともかく、ウソつかないで、堂々と名乗りでたなんて素晴らしいことだよ。黙ってることも、隠すこともできたのに、わたしがやりました!なんて中々言えるもんじゃない。だから治療費がかかろうが、保育園の前とか人が急に飛びだしてきそうなところはゆっくり注意して行くことくらいを教えてあげたら、あとは叱らずに、褒めてあげないとな。もし不当に請求されてもパニックにならず毅然とした態度で臨まないと。立派な娘の顔に親が泥を塗るなんてことになる」
    「でも気が重い。あんた来てくれん?」
    「アホか。おまえいつも母子家庭やから、父親の役も母親の役もわたしがやるんよ、あんたなんかいらんわって言ってるやん。こんな時にカッコいい女の後ろ姿見せたらんかい!娘のモデルは母親なんやから、母親ちゅうもんがどんだけのもんか見せたらないかん。ちょうどいい機会やないかい、娘と2人で相手の家に行って、バシッと決めてこい!おれは、今、小説書くのに忙しいんだよ」
    「あんた頼ったわたしがアホやったわ…。ほな、誰も読まない名作書いて、孤独死でも腹上死でもしてくんなまし。さいなら!」
    そう言って勢いよく電話がきれた。
    ちなみに僕は今まで自転車はもちろん自動車でも無事故なのだが、娘は早くも事故の加害者になったのだった。
    多分、これから二転三転ありそうだから、ことの顛末はまた進展があったら報告する。

    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  1 trackback

    現代版・プチ子連れ狼

    12月30日は、娘と娘の友だちを連れて、コア山国に行った。
    コア山国というのは毎年冬に行くアイススケート場だ。
    娘の友だちも母子家庭で、なおかつ一人っ子で、母子家庭の例にもれず、そのお母さんも仕事で忙しい。
    そういうことから不思議と毎年2人まとめてどこかに連れて行く。
    娘の友だちも、僕にすごく慣れてくれて、わがまま放題を言ってくれるので、逆にすがすがしい。

    昼12時に待ち合わせ、コア山国まで向かう。
    車中で、僕が作ったおにぎり6個を1人2個ずつ食べながら、彼女たちの好きな『いきものがかり』のCDをかけて、時に声をあわせて歌う。
    娘2人は、わいわいニンテンドーDSのトモダチコレクションをやっている。
    13時に着いてから20時まで、何度か「もう帰ろう」と言ったが、娘たちは滑り続ける。
    僕は、ソリを押す作業で、ほとほと疲れて、最後は膝ががくがくになっていた。

    それから21時に、娘の友だちを家に送ってから、娘を連れて、僕の家に帰った。

    30日から1月4日まで、僕が預かることになったのだ。
    毎年大晦日と元旦は、夜中に元嫁がおせちのバイトに行くので、娘を連れて母の家に行っていたのだが、今回は母が入院しているから、僕の家に連れて来たというわけだ。
    これもよくよく思い返すと確か結婚していた時の大晦日などは浮気相手と過ごしていたのに、逆に離婚した後の方が娘とすごすようになったという、人間とは不思議なものだ。
    ともかく、それにくわえ、元嫁の「もう疲れた」発言があり、何だかんだとあり、今年は約1週間預かることになったのだ。
    特に用事はないから、別にいい。
    それに案外大変だろうと思っていたけど、最近料理を作るのが趣味になっていたこともあり、食べてくれる人がいるのが有難く、毎日、朝昼晩、何か料理を作っている。
    そうすると娘が、
    「ママは時々しか作らない。こんなに毎日手料理食べるの初めて」
    と言ってくれたから、ますます嬉しくなった。
    年末に鳥ムネ肉2キロを680円という安値で買っていたので、ほとんどがそれを使った料理だ。
    ちょっと工夫したら、鶏肉が苦手だと言っていたのに、美味しいと言って食べてくれて、やはり好きこそものの上手なれ、何でも無駄なことはない、と感じた。

    元旦に一度生活雑貨を買いにイオン系のショッピングモールに行った以外は、ほとんど家の中ですごしている。

    娘は毎日アメーバピグをしている。
    そこで、前述の友だちとピグトモになって、離れていても、毎日遊んでいる。

    僕はほぼ家事だ。
    洗濯をし、掃除をし、食事を作り、食器を洗い、風呂を入れて、などなどをやっていたら、あっという間に1日がすぎる。
    こうやって子どもと2人ですごしていると、何となく自分の子ども時代と父親のことを思い出す。
    僕も昔、父子家庭だったから、その時の父親の気持ちと、今の自分とが、どうしても重なって見えてしまう。
    ああ、父はこういう気持ちだったのかとか、ああ、あれはこういう意味だったのかとか。
    それが本当のことかはわからないけれど、そういう想像をどうしてもしてしまうのだ。
    しかし少し違うのは僕らは男同士だったが、娘はまだ10歳だがそろそろ物心がつく女の子ということだ。

    ということで、何はともあれ、あと2日、子連れ狼だ。
    もしかしたら状況によっては、僕が引き取ることになるのかもしれない。
    それはそれで、世の中の人がいうほどひどくはならず、何とかなりそうな気がする。

    これを書いていると、娘が横で、
    「子どもでもブログが出来るのか」
    と聞いてきた。
    「そのアメーバピグでブログもできるよ」
    と教えてあげたら、早速ブログデビューした。
    娘のブログは下記である。
    娘のブログ

    明日はそろそろ空いているだろうから初詣がてら神社めぐりに連れて行こうかな、と思っている。





    これは新年一発目のブログだ。
    今年の『何故?』や森井聖大としての所信表明的なブログにしようかとも思ったが、それはまたにする。
    しかしながら、文学の話は全くしなかったが、僕の文学というものがあるとすれば、娘の存在を抜きにしては成り立たないものだろうと思う。

    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    サンタクロースはパパでしょ!

    朝一、7時くらい、娘から電話があった。
    こんな時間に珍しいから何事かと思ったら、
    「パパがサンタでしょ!」
    一瞬ドキっとしたが、
    「まさか…」
    「だっていつもパパがサンタさんに何頼むか聞いてくるじゃない!」
    「それは、パパがサンタさんと友だちだから」
    そもそもの始まりは五年くらい前、娘が五才くらいの時に、自作の絵本をプレゼントしたことに遡る。
    タイトルはその名も『パパとサンタクロース』だった。
    物語の主旨は僕とサンタクロースは幼なじみみたいな友だちだという話だ。
    それから僕は毎年この絵本の通りにやってきた。
    その時は娘も、
    「サンタさんと友だちなんだー」
    と無邪気に信じてくれていたが、最近は何かとサンタクロースがいないという気持ちに傾いているようで、前回はママでしょ!で今回はパパでしょ!と言うようになった。
    とにかくサンタはサンタだと説明し、
    「今から学校だろ。今日も一日がんばってね」
    と言って電話をきろうとしたら、娘は、
    「いいもん、クリスマスに分かるから。サンタさんに手紙書いて枕元に置いておくから、もし本当にサンタさんがいたら手紙無くなってるはず!」
    娘は、それがさも的確な実験であるかのように言った。
    このへんの論理はちょっとよくわからないが、手紙が無くなればサンタがいるらしい。
    手紙は元妻に取ってもらうとして、僕は前回も書いたがそれ以上にサンタがいることの信憑性を確信させる秘策を考えたのだ。
    もうサンタの帽子は日曜日ダイソーで買った。
    元妻に電話して、
    「プレゼントとサンタの帽子を送るから、サンタの帽子は慌てたサンタがベランダに落としていった風に置いてくれたまえ」
    と伝えたが、
    「…意味不明なんですが」
    と白けた調子で、何度説明してもわからない。
    「いやもういい。24日彼女がピアノに行ってる時間くらいに、娘に内緒で行くから、詳しく帽子の置き方を教える!」
    と伝えて電話をきった。
    ただそれだけの為に、娘に会わずに、2時間かけて行くのは少々めんどくさいが、本物のサンタを想像すると一日中世界を忙しくまわりプレゼントを配るのだから、2時間くらいたいしたことはないだろう。
    もうこれから先、サンタのいるいないは、僕と娘の知恵比べみたいなものになりそうだ。

    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。