銀座モダンアート後日談2-『何故?』メンバー大幅脱退。今日から私はー

    前回の銀座モダンアートの件で、『何故?』メンバーが数人やめた。もう「おれ」はダメかもしれない。「おれ」という一人称はどうやらリアルのおれが「おれ」と言うので、あたかもおれが「おれ」と言っている感覚を受けるらしく、生のおれを知っている人が「おれ」を完全なるおれだと思い込むようなのだ。なので、今日から「おれ」という一人称をやめて、「私」に変えることにする。
    この件は、全くのナンセンスな話で、単純な答えはおれ…いや私のなかにあるのだが、それをことさらここで言うのは差し控える。わかりやすい例えでいうと、前回の鯨ナイトで戯作家の山本清風氏が「森井さんのブログのなかで時たま話題になるブログって、パッと見、少し炎上商法に似ていますが、なんか微妙に違いますよね。あれはどういう感じですか?」と聞かれたので、おれ・・・いや、私は「たき火ですね、要は、庭先でたき火しているイメージです。塀の外から見た人は火事だ!と言うかもしれませんが、いやいや、たき火ですよと私は言うという感じで、家に火が燃え移らないように考えて庭で一人でたき火しているんですよ」と答えたが、今回は、私がたき火をしていて、いつものように「いえいえ、たき火です」と言おうとしたら、家の中にいたニートの長男次男が家に放火していたという、そんなところだろうか。
    ただはっきり言えることは、メンバーのなかでも創作する人は今回の件を特に問題視せず、メンバーの中でも筆が鈍ってきた、あるいは書かない者が口をとがらせる結果になっている。この傾向は全くよくないし、人間関係に忙殺され、創作できなくなるのでは本末転倒なので、今日を機会に「おれ」はもう「私」になることにする。
    同人誌というのは、実は第一章で終わっている。今回の第二章からは、会費も寄稿費も頂かない文藝雑誌という試みに移行している。というのも、同人誌も長く続くと、人間関係の軋轢から創作以前の、面倒な問題が持ち上がってくるので、あくまで創作集団であることを保つためには、この方法しかないと金銭的な苦しみを伴いつつも決断した。もともと創作のために集まっているのであって、友だち作りではなく、本当に「文学」あるいは「言葉」や「絵」を描きたい作者に書く場所を提供する、そうして会費や寄稿費を頂かない分今までより読者に喜ばれ読んで頂けるような、現在の商業主義の末期にあっては消えつつあった本当の「人間」を描いた「文学」あるいは「言葉」や「絵」を、必要とあれば映画までも作りながら、21世紀の文芸誌を作る。そういう目標だが、しかしメンバーも数人減って、次号の見通しもたたず、ほとほとネットにも疲れてしまったので、即売会への参加は6月9日の福岡ポエイチを最後に、ネットでの発言も面倒くさくこじれることが多いので少し離れ、しばらく充電期間にしたいと思っている。
    完全にひきこもりたい。
    そうして、は、創作に没頭しようと思っている。

    銀座モダンアート『zine展』ブログの後日談ー文学はアートじゃないー

    先日、銀座モダンアートへの怒りに満ちたブログを書いたが、奇妙な反応に正直驚いている。それはともかくおいといて、まず後日談から報告すると、あのブログの次の日に早速「銀行口座を教えてください」というメールが入り、教えると、先週末に振り込み手数料を差し引いた390円が振り込まれた。無論煙草が買えないので、「そんなんだったら、送り返した本に同梱しとけよ」と少々イラついた。まあ、それでも、もういい。他の人には次回開催(早くも6月らしい)の案内メールも同時に届いたらしいが、おれのところにはなかった。それも、もういい。どうせブログを読んで、こいつは面倒だからと除外したのだろう。まあ、当然だし、妥当だろう。おれは、もう全て終わったと思っていた。もとから、銀座も、モダンも、アートも、どうでもいいのだ。ただ、銀座モダンアート『zine展』でこんなことがあった、と、それを言いたかっただけだ。それと同時に、こんなことで、こういうブログを書く奴もいるのだから、今度から気をつけた方がいいよ、というメッセージでしかない類のものだ。その方法に、声が届くように、怒りのオーラをまとわせた言語表現でしかない。それだけのことなのだが、どうにも反応が、いつもと違う。おれのブログを愛読してくれている人なら、ああまたいつものことだ、今度は怒りか、毎度毎度よくやるね、くらいのものなのだと思っていたし、大体の人がそうだったのだが、何故か、本来そんなことを一番わかっていないといけないメンバーの数人が、おれが本当に怒っていて、今も怒りがおさまらないのだと勘違いしており、何だか感情的になり、銀座でモダンでアートがバカにされたのが嫌なのか、怒りの感情への対処に条件反射的に感情を揺さぶられたのか、いったい何なのか、未だに、先のブログのコメントを読めばわかるが、小倉くんなんぞはわざわざ電話までしているらしい。「おいおい、そんなことやってどうすんだよ…」まったくわかってない。ブログはただの日記じゃない。おれは、ただ心境を書いているわけじゃない。嘘といえば全部嘘だ。本当といえば全部ホントだ。つまり、ブログを書いた時点で、このことは相殺しているのだ。おれも何も言わない、相手も何も言わない。これでお互い刺し違いしているのだ。しかも、次回は出展料をとるのだから、もう本当にどうでもいい。勝手にやってろ、『何故?』は出展しない、それだけだ。言語ではなく、現実行動がしたいなら、在特会に入ればいい。何だか初期のドロンパの戸惑いの気持ちがわかった気がするよ。多分こんな感じで流されるまま流れていったんじゃないか。でも、おれは言語表現をしているだけだから、あえてここで、言っておかないといけない。おれの言葉は全て本音ではあるが本音ではなく、本気ではあるが本気ではなく、言葉の持つ力を信じて、ただただ言語により活動をしているのだし、集団ではあるのかないのかもわからないが、単体の結合体としての文学表現者集団としての『何故?』なのだ。
    小倉くんは、エレベーターがいいし、銀座でモダンでアートだからいい、というが、そういうのを田舎モノ根性の俗悪というんだ。文学が、銀座でモダンでアートで、どうするんだ?そんなとこより、鳥取の、佐賀の、あるいは岩手の、岐阜の、そういうところの魚屋の軒先や、八百屋のニンジンの隣に置いといてもらった方が数段ましだし、それこそが文学だ。モダンってなんだ?「それはモダン焼きよりモダンなのか?」アートってなんだ?「それはアート引越しセンターより芸術的なのか?」と問いかけないといけない。だいいち、はっきりいうが、文学はアートじゃない。何様のつもりか知らないが、特権階級のように偉そうに、詩はとか小説はとか語る前に、そういうところの、根本から考えて、もういい加減、綺麗な単語や瀟洒の建物に惑わされず、冷徹な眼をもって、きちんと文学しろよ。それが嫌なら大人しくテレビでも見てテレビ局にクレームでも電話を入れて、ただの観客なのに偉そうな気分に浸っとけばいい。そもそも言い出しっぺのおまえが何にでも『何故?』と問うポリシーを忘れるなよ。『何故?』っていうのは、誰かに答えを委ねるのではなく、徹頭徹尾、自問自答だろうに。

    銀座モダンアート『zine展』について訂正とお詫び

    前回のブログで銀座モダンアート『zine展』にて、メンバーの月森あかりさんのブログを参照記事に、また本人からメールも頂きまして、1日で完売したという報告をこのブログでしましたが、本当は見本誌一冊しか売れていませんでしたので、ここにお詫びと訂正を申し上げます。

    間違いブログはこちら銀座モダンアート『zine展』、たった1日で『何故?第二章 零号ー衝動ー』完売

    なので今日までおれは、完売してよかった、四割の手数料とられても6600円ある、と、るんるん気分でいたのだ。
    しかし、今日の夕方、佐川急便の屈強なおじさんがやってきた。
    「着払い1160円です」と銀座モダンアートから売り切れたはずの本10冊を1160円払って無事受け取ったのである…。
    一瞬、怒りがこみあげた。
    しかし、もうおれも大人なのだから、こんなことで怒るのも大人気ない。
    同人誌を展示してくれただけ有難い。
    そう何度も自分に言い聞かせていたが。
    でも、やはり…。

    『何故?』だけ、すみません売り切れで見本の本でもいいですかと言われました。ー月森ブログより


    これは、一体、何のことだ。

    正直、すげえ、むかつく!

    箱を開けると、ただ本が10冊、その上に〈売り上げ1冊、600円〉と書いた紙が一枚あるだけで、それで、その600円はどうするのか何も書いてない。

    もう箱に同梱して送ってきたらいいやないか!

    最初に何も言わないから、「売れた場合どうするの?」って聞いたら、「銀行振り込みです」って、振込口座も聞かないし教えてないのに。

    どうすんだよ!

    それよりもなあ、もう完売したと思って、見本誌までも入れて11冊分、四割とか割高の手数料とられても6600円ある、じきに入ってくると思って、こっちは生活してきたんだよ。
    それが600円になってなあ、上島竜兵じゃないが、殺す気か!

    同人誌だと思ってなめとんのか!

    完売したという情報を流さなかったら、何人か会場に足を運んだ人もいるはずなんだから。
    多分前回の完売しましたブログも見ているだろ?
    まずはじめに銀座モダンアートに参加しますって記事をブログに書いたらすぐにリツイートやフェイスブックのイイネボタン押したよね?
    しかも一斉送信で、ネットでの宣伝お願いします!メールも送ってきたんだから、ネットでの反応気にしてんだろ?

    見たら間違いですの一言くらい言え!

    それで、すぐに訂正できて、こんなにぶち切れることもなかったんだ。
    だいたいな、ネットを使うならネットでいい宣伝だけしてもらえると思うな。
    その反動で悪かったら正直に悪いと書かれることも覚悟しろ。

    正直『zine展』という企画がよかっただけに、残念極まりない。
    次やる時は、ただの展示会にしろ。
    イライラしなくてすむ。

    イライラして煙草の量が増えたから1箱吸ってしまったぞ。
    煙草代がないから、600円が待ち遠しい。
    早く連絡してね。
    じゃないとLOVEさんが本気でキれるらしいぞ。




    銀座モダンアート『zine展』、たった1日で『何故?第二章 零号ー衝動ー』完売

    今号(第二章零号)より加わってくれた月森あかりさんが銀座モダンアートの『zine展』に行ってくれたそうで、自身のブログにて様子を詳細に書いてくれている。

    月森あかりブログ

    開催日数12日、1日約1冊として、10冊送っておけば大丈夫だろうと思っていたのだが、予想を遥かに超えていた。
    もう既に二日目で『何故?2 零号ー衝動ー』は売り切れており、最後展示品を月森さんが購入して帰られたので、どうやらたった1日で『何故?』の『zine展』は終わったらしい。
    複雑な心境だが、嬉しいことに変わりない。

    「購入してくれた皆様ありがとうございました」

    感謝。

    何でもやってやろう!ー4/4~16まで 銀座モダンアート『zine展』参加ー

    昨日か一昨日か、メールにて、ギャラリー銀座モダンアートというところから『zine展』への参加案内がきていた。
    『zine展』とは何なのか、ギャラリー銀座モダンアートがどういうところかも知らないから、しばし戸惑ったが、何を戸惑う必要があるのか、ともう1人のおれが言うので、参加する旨をメールで返信した。
    無論、参加費無料なのが一番の要因だ。
    郵送費が多少かかるくらいで、それ以外、何も損することはない。
    特に作者が常駐するわけではない、ただ展示販売しているのだから、文学フリマとも違う、展示の仕方一つにしても、少しばかり『本』というカタチのアートな部分を垣間見せてくれるだろうことも期待している。
    『何故?』はモダンアートといわれれば、その通りだろう。
    と、まあ、そういうことで。
    銀座モダンアートの第一回『zine展』に出展することにした。
    ちょうど良いタイミングで『何故?第二章』のはじまりだ。
    おれは行けないが、メンバーや読者の皆様で行ける方は是非どんなものか観に行って、更に宜しければレポートなども送って欲しいところだ。
    図らずも、『何故?第二章 零号 -衝動ー』の初お披露目は、大阪文学フリマより前に、銀座モダンアートの『zine展』ということになった。
    おれは田舎ものだから銀座というだけで嬉しい。
    銀座のBARルパンに行って、マダムやマスターに「太宰治や坂口安吾が好きで九州から来ました!写真撮っていいですか?」と断り、苦笑して頷くマダムやマスターを尻目に、店内をカメラ片手に30分くらい徘徊した男である。
    銀座には憎き文藝春秋もある。
    大阪に来れない方や、いち早く『何故?第二章 零号-衝動ー』号を観たい方は、是非とも足を運んでくれたら嬉しい。

    期間:4月4日~16日まで。
    時間:12:00~19:00まで。金・土は21:00まで。(※最終日4/16は17:00まで)
    場所:東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル608 銀座モダンアート

    大きな地図で見る

    詳細は銀座モダンアートHPで確認してください。

    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ