アクラシア

    新しい小説を書きはじめた。
    タイトルは仮にアクラシアとしている。
    現代において人間らしい人間ほど愚か者とされる。
    しかしながら、本当の人間らしさとは、何であるのだろう。
    そのことを、真摯に問い詰めながら、ゆっくりと書いていくつもりだ。
    今日は、僅かばかり、冒頭だけ描いた。
    まずは、まだ影のような彼の精神性、原風景を、そのまま描写しただけだ。
    ただ、この彼が、男なのか女なのか、人間なのか未人なのか、まだ何もわからない。


    きみが見たじゃないか

    太陽が照りつける真夏の昼。

    誰も通らない路地のわきに小さな花壇があった。

    私が、その花壇を見つけたのは、つい昨日、学校の帰り道、いつもは通らないその路地に、ふと踏み込んだ時だった。

    うちに帰り母に聞くと、母は何食わぬ顔で、こう言った。

    「ああ、あれは、どっかの得体の知れない老人がやっているのよ。もうわたしが子どもの時から、ずっとああして、花壇の手入れしているのよ。自分の家でもない誰も通らない路地の細道なのに。変わりモノよ」

    「ふーん、この町に、そんな変な人がいたんだね」

    何十年も、来る日も来る日も手入れし、綺麗な花を咲かせているらしい。

    何だか気になり、今日も路地に入ったら、ちょうどその老人がいた。

    曲がり角に隠れて、しばらく老人を見ていたら、腰を曲げ、土をいじり、花に水をやり、満足そうに空を見上げ、背伸びした。

    私は、好奇心を抑えきれず、老人の側に近づいた。

    「お花、綺麗だね。でも、誰も通らない路地だから、何だか意味ない気がするよ」

    私は、少しどきどきしながら、昨日からの想いをぶつけてみた。

    すると、老人は、私を見て、こう言った。

    「きみが見たじゃないか」


    呼び声

    きみは、いつ、死ぬのか?

    宇宙の果てから呼ぶ声。

    きみは、いつ、死ぬのか?

    まるで何もかもわかっているかのように。

    確信に満ちた声で。







    うさぎのカズコ

    うさぎのカズコは52歳。

    私は8歳。

    だから、おばあちゃんみたいなものだけど、いつもカズコは私に甘えてくる。

    私はカズコがうさぎだって思わないし、おばあちゃんくらい年が離れていることも想像できない。

    カズコと私はよくおしゃべりをする。

    トモダチみたいな感じ。

    白くて可愛い52歳のカズコ。



    次回予告

    観音様、降臨。
    慈悲深い観音様は三蔵法師。
    悪鬼と化した警察に伝家の宝刀「誘導尋問」を浴びせられ狼狽す。
    心揺さぶられた和尚はブログ記事削除を決断す。
    しかし本当の戦いはこれからだった。
    孫悟空となった和尚、猪八戒となった錆助、そして第三の男・沙悟浄が登場。

    つづく。


    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ