森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    浮世離れしたお金の本

    投資家になると決めてからお金に関する本を色々読んできた。
    だが、どれも、いまいち的外れなものが多い。
    まず年収300万でも大丈夫みたいな本が多数あるのだが、そもそもどこの誰が、そのような大金を稼いでいるのだろうか。
    想像するに、たぶん、年収300万というのは休まず毎日働いているような社会順応者の話ではなかろうか。
    それならば働いたらいいではないか。
    我々が、投資の本を読むのは、働くという選択肢を排除しているからなのに、完全なる本末転倒である。
    まずは働いて稼げ、そして、そこから、とか言う事で、そもそも自分の書いていることを否定しているのである。
    少なくとも私の周りにはそのような健康的な人間は1人もいない。
    AIで仕事が奪われるもクソもなく、もう既にほとんどの人間は、様々な理由から働いてもいない。
    大体の人は、何もせずに1日中布団でゴロゴロしている。
    そう考えると、年収300万稼げるような人間が、この日本にどれほどいるのだろうか。
    あと多いのが毎日500円玉貯金でコツコツみたいな本である。
    これもまたバカバカしい理想論である。
    500円しか入っていない(500円も入っていない事も多い)財布で500円貯金したら、0円になるではないか。
    もやしすら買えない。
    こういう現実離れしたことを平気で書く人たちは世間知らずも甚だしいのである。
    まずは現実的な問題として、働かずに年収100万を目指す為の財テク本が必要だろう。
    そこからどうやって資産家になるかを書かないと意味がないではないか。
    そのような本を書いてこその作家である。
    そのようなアイデアを発案してこそ本当の知性なのである。
    まずは働いて貯金してって、わざわざ本に書くことでも読むことでもない。
    バカでも思いつく。
    そもそも年収300万という大金を毎日働いて稼いでいるような人に、今さらお金の話などしなくていい。
    もう十分生活できる大金を手にしているのだから、そのまま働けばいいだけの話だ。
    そういう発想は宝くじで1等当てるというような類と同じような根拠のないサラリーマンの妄想なのである。
    我々は、もやし代、わかば代、ワンカップ代だけで、もう精一杯のスッカラカンなのだ。
    みな一様に年収100万円以内で生活しているのだ。
    そのような人がこの国には溢れているのである。
    これが、現実なのである。
    だからこそ、そのような大多数の人が、どうやったら年収100万に辿り着けるか。
    それから、欲張って、頑張って、どうにか夢の年収200万長者になれるか。
    もやしだけではなく、豆腐も買えるか、ミンチが買えるか。
    本というからには、そういう現実に思いを馳せて、もっと知恵を絞らないといけないのである。





    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    引退宣言

    3日前、近所のスーパーで半額の刺身を購入した。
    それ以降、今まで、雑巾のように腹を絞られるような腹痛と神出鬼没な下痢に悩まされている。
    仕事も休み横になったりうずくまっている事しかできない。
    これを見た同宿の後輩が嘲笑した。
    「半額ハンターも腕が鈍りましたね」
    私は返す言葉がなく、唇を噛み締めながら、トイレに駆け込んだ。
    3日間の死闘でケツの穴がひりひりしている。
    ぐっと涙をこらえながら、ズボンを下ろした。
    もう半額ハンターは引退だ。
    そう心に決めた瞬間だった。





    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    給料日

    予約していた歯医者をキャンセルした。
    金がないからだ。
    世の多くの人にとっては、給料日とは、月に一度の金が入る楽しみな日なのだろう。
    だが、私にとっては、給料日が1ヶ月で一番嫌な日だ。
    貧乏人ならわかるだろう。
    月末の支払いで全て消えていき、一銭も残らないどころか、足りないのだ。
    いつの頃からか、私にとって、給料日は生殺しの地獄のようだ。
    月に一度の断末魔。
    21世紀に給料日なんていらない。
    私たちには、もはや苦痛でしかないのだ。
    さて。
    酒でも飲んで、寝るか。
    つまみは、もちろん、ポテチだ。
    どうせ明日になれば地震が待っているのだ。
    今日は幸せな人生だ。

    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    停電の夜はキャンドルナイト

    昼過ぎ玄関ドアを激しく叩く音がした。
    宗教やセールスにしては強引すぎる。
    借金取りか。
    放置しておいた。
    それからすぐ停電になった。
    つい先日ケーブル火災で都内が停電したというNEWSを見たばかりだった。
    東電だけでなく九電もか。
    ホント殿様商売だな、しっかりしろ。
    腹が立った。
    その後、カランと音が鳴った。
    どうやらポストに何かが投げ込まれたようだ。
    何事かと見に行った。
    九電からの通知書だった。
    「再三の請求にも関わらず、料金の支払いがない為、不本意ながら電気の供給を停止します」
    ケーブル火災ではなく、料金滞納だったようだ。
    しかし、言うに事欠いて、何が不本意ながらだ。
    おまえの意志だろ。
    正直にいえ。
    払わないから嫌がらせしたのだろ。
    払わないくせに態度がでかいから腹が立ったのだろ。
    まあいい、所詮、猿の群れだ。
    私はこの日の為にダイソーで12個入りのキャンドルを買っていたのだ。
    その1つを取り出した。
    これから数日間、夜はロウソクの灯りですごす。
    まるで何かの儀式のようだ。
    何か呪文を考えようか。
    電気の一切通っていない部屋は静寂そのものだ。
    煙草をつけるライターの火さえ眩しく感じる。
    ロウソクの火を見ていると、色々なことを思い出す。
    マッチ売りの少女の、あの火だ。
    前世とまではいかないが、何やら幼少時代が漠然と浮かんでくる。
    たまにはこういう日がなくてはいけない。
    私は、久しぶりに、幸福感に満たされた。

    キャンドルナイト



    〈ガラケーから送信〉


    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    【怪談】差し歯

    ようやく、5月に折れた前歯が入った。
    こんなものは型をとってすぐ入るものだろうと思っていたが、意外に時間がかかった。
    歯科医が言うには「まず折れた歯の周りの虫歯など治療して、それから歯を入れる」とのことだった。
    TV番組を見ていたら、たしかローラが「歯が汚いおじさんは嫌い」みたいなことを言っていたのを思い出した。
    それにもまして40にもなって歯痛でのたうちまわるのは情けないことだ。
    一念発起し、途中、金欠で一ヶ月程度行けない時もあったりしたが、ほぼ毎週通った。
    ほぼ虫歯だったせいで、約5ヶ月もかかってしまったのだ。
    ようやく、折れた方の上半分の治療がほぼ終わり、待ちに待った前歯が入ったわけだ。
    それでも不思議なもので、5ヶ月も前歯がない状態で生きていると、「これはこれで人間の顔として味があるな」と思い始めていた。
    多少、名残惜しい気がした。
    だが、前回のポエイチの際に、少しばかりの人の目に焼き付けたはずだ。
    それを心の拠り所に諦めるしかない。
    はじめての前歯の差し歯だったから、値段がわからずに不安だったが、この5ヶ月間、ほぼ1000円前後、多くても3000円前後の料金だったから、どこかで油断していた。
    「最近は歯医者も安くなったもんだ」と思っていた。
    しかし、さすがに差し歯は桁違いだった。
    なんと6500円もかかったのだ。
    思わず「えっ!」と叫んでしまった。
    とはいっても、もう歯は入った後だし、四の五の言っても仕方ない状況だった。
    決心して、財布を開き、全財産8000円の中から6500円という大金を払った。
    家に帰り、鏡の前でニッとした。
    歯はある。
    その後、いつものように、「いくらなんでも高いな、ぼったくられたのではないか」と被害妄想のようなものが湧いてきた。
    すぐさま、ネット検索した。
    差し歯自体は5000円程度するものらしかった。
    これでも保険範囲内の最低限らしい。
    保険適用外の良い歯になると、5万くらいから20万くらいまでのもあるそうだ。
    そういえば、先々月くらい、治療中、隣の席のじいさんが、1本5万程度の歯を4本入れる、というような景気のいい話をしていた。
    歯科医は「総額で20万5000円になりますが、端数の5000円は割引しておきます」なんぞと言っていた。
    ということは、今回なけなしの金をはたいて入れた私の歯なんぞは、じいさんの歯の割引分だ。
    歯医者にとっては、私の歯の料金など要らない金なのではないか。
    そう考えると、私にとっては、一大事であり、高額な支払いだったのだが、彼らにとっては叫び声をあげるほどの高額な金ではないのかもしれない。
    ただ、歯が入ったことは良かったが、あと10日程度、たったの1500円で生きることになったせいで、肝心の食べるものが何もない。
    恐ろしい話だ。




    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。