森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    はじめての期日前投票

    はじめての期日前投票に行ってきた。
    実際のところ、期日前投票だけではなく、国政選挙への投票もはじめてだ。
    これまで、全くといっていいほど、政治には興味がなかった。
    ほとんどの者と同じように「誰がなっても同じ」と思っていた。
    選挙にも行っていないのだから、政治を語る資格もない。
    だが、今回は、どうしても行くべきだ、と思った。
    私の1票だけは違うモノに入れておくことが必要だと思った。
    この年になって、選挙は候補者にとっては勝った負けた当選した落選したの話だろうが、一国民にとっては、勝った負けたの話ではない事にも気づいた。
    たとえ有力な議員が勝つことが決まっている地方の選挙区であろうと。
    1票の重みを、私は、有している。
    1票の重みとは、何であるか。
    それは、施政者に対する、無言の圧力である。
    前回より得票数が下がったな、と思わせるだけで意味がある。
    「間接民主主義による代議士なんだから、私に力があるのは得票数があるからだもんな」
    そういう当たり前の事に気づかせる力が選挙には有る。
    「どうせ誰が当選するかわかっている」
    「私の1票など意味がない」
    「投票の意味がない」
    と人は言う。
    だが、実は、逆なのである。
    だからこそ、意味があるのだ。
    デモをしても、ネットや居酒屋で政治を語っても、投票しなければ何の意味もない。
    政治システムは時代によって変化するだろうが、現在は間接民主制であるから選挙しかないのである。
    日本は、間接民主主義であり、政党政治なのだから、小選挙区と比例区にしっかり政党基準で投票すること。
    選挙で投票しなければ何の為のテレビやネットで見聞きした情報なのだろう。
    数多の情報を知りながら、本末転倒である。
    権力者の思惑通りに事を運ばせない。
    権力者の完璧な計算に水をさせる。
    それが、選挙である。
    今は、どこに投票すべきか。
    それを見抜くのが、上質な国民なのである。
    それこそが、民度の高い国民、なのである。
    それこそが今回の選挙の意義である。
    しかし、最高裁判所の罷免に関しては、誰一人知らなかった。
    事前にそれぞれの判決について調べてから投票に行くつもりだったが、すっかり忘れていた。
    次回は、きっちり、最高裁判所の裁判官についても調べ上げて投票に行きたい、と思った。
    最後、投票所を出たところで、職員から、
    「ご苦労様でした」
    と声をかけられた。
    確かに全く意義があるのかないのか分からない制度の中で、しかし現行のシステムでは投票するしかないことを知っている国民に対して、この「ご苦労様」はとても心に響く良い言葉だった。
    私は年収100万にも満たないしがない一国民である。
    だが、しっかり、国政に参加した。









    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    地上の空論

    地上ではあらゆる手段を講じ人間が人間を支配する。
    ある者を天皇と呼び、ある者を首相と呼び、ある者を議員と言い、ある者を役人と言い、ある者を上司と言い、ある者を部下と言い、ある者を派遣と言い、ある者を無職と言い、ある者を死人と言う。
    地上では相も変わらぬ20世紀的発想が続く。
    21世紀初頭に地上に現れたAI人間たちもお得意の地上の空論を繰返す。



    エピソード1
    ふと立ち寄った小さな喫茶店での出来事。
    客はカウンターに5歳くらいのガキ連れの団地妻。
    常連客のようで60過ぎの女店主と団地トークに花を咲かせる。
    聖は入り口付近のボックス席に座る。
    「灰皿ください」
    すると女店主は常連客と顔を見合わせた。
    「子どもがいるんで」
    女主人が言った。
    わかばを取り出し火をつけるだけの態勢の聖は度肝を抜かれた。
    「えっ?」
    「すみませんが、子どもがいるんで」
    「なに?」
    すると空気を読むことに長けたガキが素っ頓狂に言う。
    「まあ、いいよ!」
    女主人は満面の笑みで灰皿を持ちボックス席にやってきた。
    「子どもの許可がおりましたので!」
    聖は呆れ顔のまま煙草片手にカウンターまで行く。
    「許可してくれてありがとよ」
    わかばの煙を子どもの顔に何度も吹きかけ店を出た。


    iPhone片手にアイコス吸うAI人間。
    WHOは地上人の健康を肉体だけでなく精神にまで押し着せる。
    だから、WHOの後ろ盾があるアイコスAI人間は、iPhone片手に澄まし顔。
    頭が空っぽだから、何か疑問が湧いたら、サッとwikipediaを開く。
    眺めて、したり顔。
    空っぽだから、澄まし顔。
    アイコスAI人間は、視線恐怖の為に、目を伏せるように、iPhone片手に、どうでもいい地上の空論を眺めている。
    アイコスAI人間は、煙草をニコチン接種法だと勘違いしている哀れなニコチンジャンキーだ。
    ヨガでもどんな呼吸法でも吸うより吐く方が大事だ。
    煙草は、単にニコチンを吸っているのではない。
    むしろ煙を吐くところにこそ意義がある。
    もはやこんな単純なことまでわからなくなったのか。
    精霊と交信をやめた地上人の成れの果てだ。





    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    AI時代のAho人間へ

    AIがどうたらこうたら。

    語る奴って。

    血も涙もない。

    効率主義の。

    Aho人間。

    バカではないが。

    利巧でもない。

    全部ただ情報インプット。

    何ひとつ。

    発明しない。

    新しいことしない。

    あほ。

    間違わないのが。

    楽しいか。

    うそつけ。

    おまえ。

    目が死んでる。

    貯金が楽しいか。

    うそつけ。

    パっーと使った方が。

    一億倍も楽しいぞ!

    そんなことも。

    わからないか。

    あほ。

    人の失敗を。

    鼻で笑うな。

    アホ。

    おまえ。

    何にもしていない。

    あほ。

    おまえ。

    失敗しないだけの。

    深みのない。

    上っ面だけの。

    アホ。

    ほら。

    一回くらい。

    壊れてみろよ。

    あほ。

    そうか。

    誰かに。

    プログラムされないと。

    何にもできないか。

    情けないね。

    AI人間は。

    否、Aho人間は。

    他者につべこべ言う前に。

    ただただ。

    己に恥じいれ。


    人間ならば。

    泣きわめけ!







    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    庶民宣言

    大衆というと何かマクロな視点、俯瞰的な偉そうな印象があるだろう。
    それは私が思うものと違う。
    小説ならばともかく思想においては誤解を与えるような言い回しはアウトだ。
    私がなりたいもの。
    それは当たり前の人間だ。
    地に足をつけた真っ当な人間だ。
    目に見えるものだけを信じる小さな庶民だ。
    世界中からのニュース、日本全国のニュースなど、本当に関係ないことなのだ。
    テレビやネットなど、もうあいつらを相手にするのはやめよう。
    ただ一言、こう言ってやる。
    「勝手にやってろ、アホンダラ」
    と。













    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    本物の大衆

    誰かがどっかの国の大統領になったそうな。
    どっかの爺さんが車で暴走するそうな。
    見知らぬ芸能人がチョメチョメしたそうな。
    ……どこかで誰かが死んだそうな。
    ああ、しかし、それは、本当にどうでもいいことだよ。
    僕は、ただ、僕の人生が気になるだけさ。
    一切合財、関係ないのさ。
    本物の大衆ってそんなもんじゃないよ。
    まったくお目出度い時代さ。
    僕は、ただ、本物の大衆になりたいだけさ。
    自分の事だけ考えて、周りの人をちゃんと見つめて、当たり前の人生を全うしたいだけさ。
    本物の大衆、僕が目指しているのは、それだけさ。



    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。