マイペース・マイワールド

    金持ち喧嘩せず

    7号進捗情報4/29『印刷家宣言』

    今日は休み。
    ただGWとかじゃなくシフト的に休みなだけで明日は朝から仕事。

    今日は1日中7号の印刷だ。
    とりあえず15部ずつを目標にしている。
    昨日、4号2冊を印刷製本して、1冊ナイスカップルさんに送った。

    創刊号から6号までは5部ずつ文学フリマに持っていこうかなと思っている。
    6×5=30部
    それとHP作品集=10部
    7号=50部
    合計90部。

    これだけ文学フリマに持って行くとして、寄稿者・購読者・委託店に送る分を含めると軽く100部を超える。
    想像すると気が遠くなる。
    これを5月末までに仕上げないといけない。
    といいつつ、最優先は7号であり、あとの号はできるだけ目標に近づけるという逃げ道も考えている。
    さすがに1人作業の限界が来ている気がする。
    一応PCが2台、プリンター3台あるが、ちょっとプリンター2台の調子が悪く、一台は文字がかすみ、一台は紙送りのローラーが痛んでいてえげつない異音を発生するから隣の爺さんに気を使ってしまい、結局一台だけ稼動という状態になっている。
    金に余力があれば、もう一台自動両面印刷ができるプリンターを購入したいところだが、正直最近金がない。
    今月はほとんど働いていない。
    借金を申し込んだが、早くても連休明けになるだろうし、もしかしたら借りられないかもしれない。

    とりあえず本日は7号をできるだけ。
    できれば表紙の印刷をマーメイド用紙にやっておきたい。
    何だかんだで総ページ数もまだわからない。
    河原塚さんの書は昨日送られてきた。
    あと1人待っている。
    正式に決まったらいつものようにHPに公表したい。

    今回最初の15部は寄稿者用として作ろうと思っている。
    これもいつものことだが、やはり読者には出来の良い本を送りたいと思っている。
    このへんは許してもらいたい。
    どうしても失敗作はでてくるのだ。
    が、それを不良品として破棄していたら、良品率が70%くらいしかないので、何故?印刷工場は破綻してしまう。

    しかし100部か。
    創刊号の12部から2年、ここまで来たかと感慨深いが、そろそろやり方を変えないと生産が追いつけない。
    新しい方策を考えているので今度参加者各位に尋ねてみたいところだ。
    それも含めて今年からはなるべく分業制にしていきたいと思っている。
    僕も酒に恋に執筆に円形脱毛症にネットに見舞いに歯医者に養育費に家事に娘のわがままになどで忙しい。
    真に表現者集団という名にふさわしい新しい活動集団を創りたいと思っている。
    そうしていくことで『何故?』が21世紀初頭を代表する一つのモデルケースになるだろうと思っている。
    芸術性だけではなく、活動体として、一つの理想的な在り方を示せるのではないかと思う。

    さて、印刷を開始しよう。
    これから1ヶ月は小説家ではなく印刷家だ。

    Category : 何故?記
    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。