森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    文学(福岡ポエイチ)と病気(肺炎)

    6月10日の福岡ポエイチ用に九州を題材にした作品を募集したところ、小説3編届きましたので、紹介します。

    LOVEさんが福岡での墓参りを題材にした『回帰
    ・もう一つは福岡在住の小柳日向さんが福岡天神での日常を描いた『足元の音
    ・あとは、森井聖大こと僕が大分県都町の夜の街での淡い恋模様を描いた『はつ恋模様

    計3編になります。
    こちらは、当日に間に合うように編集し、小冊子『何故?別冊ー九州創作集ー』として持って行きます。


    実は、風邪をこじらせ、肺炎になりかけまして、あんまり力がでません。
    咳が止まらず、わき腹が痛くなり、病院でレントゲンをとったら肺炎になりかけているとのことで、現在、薬を飲んで寝ています。
    風邪を軽んじて、酒と煙草を大量摂取し続けたことが悪かったようです。
    特に煙草が元凶のようで、医者の第一声が「煙草吸ってたら治らないぞ」とのことでした。
    咳をすると耐えられないほどのわき腹の痛みに襲われるので、正直あんまり煙草も吸えませんが、薬が効いてくると何となく大丈夫な気になって、数本吸ってしまいます。
    早逝する人間とはダメな人間なので早死にするのかもしれません。
    五月病なのか、今月、ほとんど布団の上です。
    これだけでなく、皮膚炎もそうですが、どうにも年をとったのか、自然治癒力がおちていることを感じる毎日です。
    実は、娘の運動会が明日なので、這ってでも行こうとしていたところ、電話で咳き込んでしまい、娘が
    「風邪?」
    と聞くから、
    「うん、ちょっと。でも明日は行くから」
    と僕が言うと、
    「うつったら困るから、来ないでいいよ。その代わり、1000円、お小遣いちょうだい。寝てないと治らないよ」
    とのことで、明日は寝ておくことになりました。
    去年までは僕の体調などお構いなしで、一度した約束は絶対に守らないといけないという娘でしたから、はじめは運動会という年に1度の一大イベントに来なくていいなんて、娘のなかでの僕の存在が小さくなったのかと少し寂しくなりましたが、よくよく考えると、自分の気持ちより思いやりみたいなものを考える人になってくれたのかなと思い直して、また元気になったら、運動会の罪滅ぼしで、1000円とかではなく何かやってあげたいと思いつつ、寝ることにします。
    僕が病気になって動けなかったら、これだけでなく、『何故?』や『どくんご大分公演』など止まることがたくさんあるので、これから年をとる過程で少し自分の体を大事にしないといけないなと感じています。
    酒も煙草も、ほどほどにします。

    心配してくれた方、ありがとうございます。
    僕は、こんな感じですが、元気です。

    Category : 福岡ポエイチ
    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  1 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。