森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    熊本電鉄で行く熊本プチ散策ーくまモン電車でGO!-

    天皇陛下ではありませんが、下々の生活を覗き見るつもりで、散歩に出かけました。
    川沿いをゆっくりと歩きながら、水の流れや草花、私が歩くたびに飛び跳ねるバッタ、子どもたち、自転車のおばさんなどとすれ違いながら、30分ほど歩くと、不意に自転車やバイクが並んでいる駐輪場のようなものが見えました。
    「何だろう」
    好奇心から近づくと、駅でした。
    熊本電鉄の駅でした。
    特に目印もなく、町の風景に溶け込みすぎているから、駐輪場に気づかなかったら、駅だとわからないままでした。
    熊本電鉄は、正式名称を熊本電気鉄道株式会社と言うそうです。
    明治の終わり頃に開通した古い鉄道なのだそうです。
    そうして、18の駅しかない、とても短い弱小路線です。
    駅と言っても、駅員も駅長も誰もいない駅でして、一つだけのホームがありました。
    ホームに行くと、ICカード読み取り機はありましたが、券売機がありません。
    「どうやって乗るのだろう?」
    不安になりましたが、よく見ると、ホームの入り口付近に整理券をとる箱がありました。
    どうやらバスの乗り方と同じようだと気づきまして、整理券をとり、ホームに入り、一つだけのベンチに座りました。
    時刻表を見ると、30分に1本程度来るようでした。
    電車を待っている過程で、5人程度の乗客が来ました。
    その中の一人の青年は、折りたたみ自転車ではなく、普通サイズのママチャリを押してホームに立っていました。
    この電車には、こんな大きな自転車も乗り入れができるようでした。
    まさに市民の足だと感心しました。
    ほどなくして2両編成の電車が来ました。
    まずは北熊本駅で降りました。
    電車の終点は藤崎宮前でしたが、上熊本駅に行くには、ここで乗り換えないといけません。
    前に夏目漱石の資料館に行った際に、上熊本駅前に漱石の銅像があると聞いたことを覚えていました。
    北熊本駅には駅舎があり、駅員がいまして、そこで整理券を見せてから料金を払うシステムでした。
    北熊本駅を出て、散策しました。
    北熊本駅は3号線沿いに位置していましたから、結構、色々な店が立ち並んでいました。
    少し歩くと古着屋のセカンドストリートがありました。
    前々から、バイク用の服が欲しかったので、立ち寄りました。
    一時間程度店内を隈なく見てまわり、デニムオンデニムに決め、お手頃価格の500円のGジャンと500円のGパンを購入しました。
    再び北熊本駅に戻り、電車を待つことにしました。
    しばらくすると、電車が来ました。
    おー!
    くまモンの電車でした♪

    くまモン電車到着

    くまモン電車は人気があるようで、10代の女子たちや、家族連れが写真を撮っていました。
    私も、負けじ、と撮りました。

    くまモン電車扉

    電車内も、くまモンづくしでした。
    色んな表情のくまモンがいました。
    10代女子たちは「カワイイ」を連呼していました。
    私も、声には出さないまでも、同じ気持ちで、女子たちに紛れ、写真を撮りました。
    「マジ、かわいい」
    「くまモンって、どんな表情してもカワイイ」
    そう心で思いました。

    くまモン電車内ハート

    くまモン電車内扉

    あっという間に、終点の上熊本駅に着きました。
    この駅には駅員がいないらしく、電車の先頭に行き、バスと同じように、ICカードをタッチするか、車掌の前で整理券と料金を入れるシステムでした。
    降りると、JR上熊本駅と、路面電車が隣接してありまして、駅ロータリー内に観光マップがありました。

    上熊本駅マップ

    出ました、熊本恒例・夏目漱石です。
    そして道を挟んだ反対側に夏目漱石像が建っていました。
    信号を渡り、夏目漱石像と対峙しました。

    夏目漱石像

    確か記録では159センチの漱石なので、等身大より、ちょっと小さい感じでした。
    台座を取ったら、140センチくらいでしょうか。
    漱石としても、まさかこんなところに、紛らわしいレベルの実際の自分よりちょっと小さい像が立ち、風雨にさらされ続けているとは(あの世で)想像すらしていないことでしょう。
    「勘違いされるやん。せめて159センチで建ててよ!」とか思うかもしれません。
    そこから、路面電車に乗ってもよかったのですが、もうついでなので、熊本市街方面に歩きました。
    すると、わが輩通り、という看板までありました。

    我が輩通り看板

    看板の下に2000と書いてありましたから、つい最近、2000年に名称を思いついたようです。
    少しは期待していたのですが、特に、漱石関連の店があるわけでもありません。
    何の変哲もない、車用道路の歩道です。
    「なんのこっちゃ」
    一人ツッコミをいれました。
    そんなこんなで、わが輩通りを通り過ぎ、熊本城の内堀沿いを歩きました。
    熊本城に近づくにつれ、ボコンボコンという地響きを伴う、何やらケタたましい音が聞こえてきました。
    「何だろう?」
    どうやら地震で崩れた石垣の工事をしているようでした。
    ショベルカーで石垣を壊しているようです。

    熊本城工事中

    熊本市街を見下ろすように立っている偉そうな熊本城を、ぶっ壊したら、さぞかしスッキリすることでしょう。
    金閣寺ではありませんが、工事のおじさんが、あの修行僧と同じように伝統など糞喰らえと開眼し、ショベルカーで熊本城をぶち壊す、そんなことを想像してみました。
    しかし、三島由紀夫のパロディですし、一つの小説作品としては弱い気がしました。
    どっちでも良いことなのでしょう。
    それから、熊本中心部のアーケードを歩きながら、しっかりしたコンセプトで、なかなか面白い試みをしている本屋・蔦屋書店に行きました。
    すると、ちょうど、本屋大賞を受賞した何とかという作家のトークショーをやっていました。
    名前は忘れましたが、パッと見、金髪豚野郎な感じの人でした。
    私は、人の好みであまり好き嫌いはありませんが、何だか自堕落な気がして太った男性だけは、どうにも好きになれません。
    興味本位で、その方の書いたアウトローが何とかという本を立ち読みがてらパラパラめくっていましたら、書店員が声をかけてきました。
    「席が空いているので、良かったら是非」
    ですが、そのアウトロー風味の作家が、
    「いやね、編集者がね、どうたらね」
    という、いつもの商業作家あるある的な笑い話をしているのが聞こえてきましたから、やめました。
    軽く会釈をして、その場を立ち去りました。
    それにもまして、どういう意図かはわかりませんが、読書は個人的体験であるのですから、作家そのものなど本当は関係ないのです。
    生活に作家などいるでしょうか。
    本があればいいんです。
    このあたりに、蔦屋書店さんのコンセプトのぶれのようなものを感じ、少し残念に感じました。
    しかし、全体的に、のんびり過ごせて充実した一日でした。
    それというのも、熊本電鉄とくまモン電車のおかげでしょう。
    この路線の、落ち着いた雰囲気が、好きになりました。
    これからも、経営難に負けず、存続して欲しいと切に願います。
    私も微力ながら、たびたび利用したいと思います。
    今日は本当に有難うございました。


    終わり。


    参照サイト:熊本電鉄HP

    Category : 熊本地震関連
    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。