マイペース・マイワールド

    心おもむくままに

    夢と魂の関係について

    老人ホームに母の面会に行くと、ここ数回、母は苦笑交じりに必ずこう言っていた。
    「あなたのところに会いに行っても、いつも無視される」
    一瞬、一体何のことだかわからなかった。
    だが、すぐに夢の話だろう、と結論づけた。
    「それは夢だよ。実際寝たきりなんだからどこにも行けないんだ」
    酷な言い方かもしれないが、現実を認知させる為、そう言う。
    母はいつも納得が行かない表情をした。
    来る日も来る日も、ずっとベッドの上で寝ているからだろう。
    こうやって人間はだんだんと夢と現実の区別すらなくなるのだ。
    私は、そう、結論付けていた。
    しかしながら。
    この事には、もっと奥深い人間世界の様相が隠されていたのである。
    いわば霊魂の話である。
    一昨日だった。
    私は、夜、眠り、夢を見た。
    その夢の中に、母が出てきたのだ。
    母は、おぼつかない足取りで、私の前を何度も行ったり来たりした。
    私は、その時、今は会っていない昔の友人と2人で歩いているところだった。
    だから、母に気づきながらも、一瞬、今日は無視しよう、と思った。
    その時、いつもの母の言葉を思い出したのである。
    「会いに行くけど、いつも無視される」
    そこで、私は、ハッと気づいた。
    母は、このことを言っているのではないか。
    確かに、そう言われれば、今までも、同じような場面があった気がする。
    私は、そのたび、今回同様、夢の中で、母を無視していたような気もする。
    だから、私は、この日ばかりは、母に声をかけたのだった。
    「どうしたんだい?こんなところに?」
    すると母は笑みを浮かべ、こう言った。
    「散歩ついでに、会いに来たのよ」
    それから、私は旧友ともども母も連れ、自宅に招待し、料理をふるまった。
    「すごい、美味しい。こんな立派な料理作れるなんて。すごい成長したねえ」
    そんな風に、母は、ずっと笑顔で喜んでくれていた。
    その後、私は、夢から覚めた。
    そうして、この夢の出来事について、しばし寝床で考えた。
    人は臨終間近になると、頻繁に幽体離脱を繰り返すらしい。
    霊魂が集う場所が、夢なのではないか。
    死期は別にして、健康な人間も、寝ている時、魂が、肉体から遊離して、その霊魂の集う場所に移動するのではないか。
    金縛りとも言うらしいが、そういう類のものではなく、私は、これまでの人生で、何度も、寝ている時、起きようとし、肉体に意識を戻そうと苦しむ時があった。
    肉体と霊魂のバランスが崩れた時、霊魂を肉体に戻そうという作業なのだろう。
    夢を介し、時空を越え、旧友や時には死者の霊魂と交流する。
    その場で、人間は、魂の交流をしている。
    若干、話はずれるが、以前、インターネットが夢の世界に似ている、と思ったことがあった。
    肉体は移動せず意識だけを飛ばすところに共通項を見出していた。
    だが、やはりインターネットは、現実の領域であり、夢にはなれない。
    何しろ、夢で飛ばすのは意識ではなく、魂だからだ。
    人間には、精神があり、心があり、なおかつ魂がある。
    魂は、霊魂という言葉のまま、霊性を帯びる。
    人間が霊長類の長とされる所以も、この霊魂の存在にある。
    私たちは、同時代に生きている。
    だが、魂のレベルは、8段階ある。
    輪廻転生の回数により魂の成長が行われる。
    ならば、私は、何度目の人間界なのだろうか。
    私にはわからない。
    ただ、心無い犯罪、人間社会の混乱、それらは魂のレベルの相違にあるのだろう。
    あまり先を急ぐと間違う。
    私は急がない。
    私は所詮レベル8の人間ではない。
    私の霊魂はまだ輪廻転生しなければいけないレベルだ。
    話がそれたかもしれない。
    ただ、これは、ただの夢の話ではない。
    今度、母の面会に行った時、母は何と言うだろう。
    「この前は無視されなかった。美味しい料理をありがとう!」
    もし、そう言ったなら。
    かなり楽しみである。





    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。