鯨子物語あとがき

    そもそも鯨子物語はどうやって生まれたのか?
    疑問に思う人もいるだろうから、最後に、あとがきとして、このことを説明しておきたい。
    6月の半ば、第五回福岡ポエイチの際、まず牟礼鯨と会ったことから、この物語ははじまったと言っていい。
    だがこの時はまだ鯨に子どもは無かった。
    その後、数時間、鯨と話をしていく。
    特に文学フリマ出入り禁止措置については、前回の錆助通報事件と無関係ではないことから、時間を割いて詳細を聞いた。
    そうして、自然と解決するだろうと思っていた問題が解決するどころか、全く進展していない実情を知らされた。
    私は「何とかならないものだろうか」と鯨の事を何となく頭の片隅で考えることになった。
    色々な問題に関して思考する毎日だが、経験上、大事なことは、頭の片隅で何となくである。
    幾日かすぎた頃、鯨ではなく、不意に鯨子が実体をもった存在として十数年後の世界から現れたのだった。
    私は、まっすぐ、眼前の鯨子を見つめ、鯨子の声に耳を傾けた。
    そうして気づいたのだ。
    この問題を解決することができるのは、鯨でもなく、私でもなく、他の誰でもない、鯨子だけだ!と。
    いつの時代も今現在というものは非常にわかりにくい。
    大局的な視点でもう一度見つめ直すことが必要なのだ。
    そこに問題の本質を問いかける存在として、鯨の子である鯨子が生まれた、と思う。
    ここまで言えばわかるだろう。
    鯨子というのは、そういうものだ。
    鯨子という存在を介した時、鯨や、高村や、山崎や、黒瀬や、望月といった人物たちは、何を思うのだろうか。
    数十年後の世界の住人であり、文学フリマに行くことを欲した鯨子にどういう言葉をかけるのか、どうこの事を説明するのか。
    私が一連の鯨子物語で描きたかったことは、そういうことである。
    百都市構想しかり、文学フリマの規約しかり、立場ある者の立ち居振る舞いしかり、鯨子という視点を持たずに事を進めることは危険なことだという精霊の声でもある。
    声無き者の声を聞くこと、それが文学の本質でもあるのだから。


    終。
    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ