貧乏人の為のレンタカー会社の選び方ー格安レンタカーの落とし穴ー

    貧乏人はつい目先の金「安いから」という理由でレンタカーを選びがちだ。
    だが、私の経験上、何も起こらない場合安くすむが、いざという時高くつくのが格安レンタカーなのである。
    今日は、このことを、後から来る者たちに、書き残しておきたい。
    ニコニコレンタカーという全国にFC展開する格安のレンタカー会社がある。
    毎日クルマが必要ならば買うしかないが、毎日は必要ない。
    たまに必要な時があるが、そんな時は、レンタカー作戦でいこう、と決めていた。
    早速、必要になり、先日、ここで、借りた。
    当然、もしもの時のオプションで1000円の保険に入ったが、それでも24時間借りて5000円と他の大手のレンタカー会社に比べて半額程度である。
    但し、この保険では、対人対物は無制限で手出しも0円だが、自損事故に関しては修理代金が実費負担になるとのことだった。
    そういう説明を受けたが、何を隠そう私はベテランドライバーであるし、今まで事故は0である。
    対人対物は相手がヘタクソな場合や爺さん婆さんの飛び出しなど不測の事態が起こりうるが、自損などは私の腕前ではあり得ないだろう。
    だが、ここに、格安レンタカーの落とし穴があった。
    とある観光名所の狭い駐車場に止めた際、慣れないクルマで車幅がわからず、バック時に、ガガガガッと横の鉄製の表示物に擦り付けてしまい、ボディの塗装がベリベリと結構な感じで剥げたのだ。
    すぐにクルマを降り確認したところ、塗装ペンではちょっと無理なレベルだった。
    その場でレンタカー会社に連絡したが、当然、事前説明通り、「自損事故は保険の適用外だ」とのことから、警察も何も呼ぶ必要もない、自腹になります、とのことだった。
    一体いくら請求されるのかビクビクしながら、こうなるともはやニコニコレンタカーではないビクビクレンタカーだな、などと処刑台にのぼる死刑囚のような気分で、翌日、レンタカーを返しに行った。
    請求金額は3万円であった。
    内訳は、そのレンタカーが営業できなくなる休業補償NOC(ノンオペレーションチャージ料)として2万円と修理代1万円だとのことだ。
    結果、3万5000円も払う羽目になった。
    このことがあって、すぐに得意のネット検索で調べたら、格安のレンタカー会社はニコニコだけでなくどこも自損事故では保険適用外なところが多かった。
    そもそもそういう安い保険に加入しているのであろう。
    一方、大手のレンタカー会社ならば、オプションで自損事故でも手出し0円になる保険があり、レンタカーの休業補償NOC(ノンオペレーションチャージ料)なども払わずに済むところもあった。
    ということは、はじめにケチらずにいれば、1日のレンタル代1万円だったとしても、3回も借りられたことになるのだ。
    レンタカーは普段乗っていない車である。
    いくら腕に自信があっても、車幅なども捉えにくく、自損事故の可能性は高い。
    ちなみに、これまた得意のネット検索で調べたら、レンタカーでの事故の半数以上が自損事故だ。
    このことを考慮し、そもそも自分の車なら擦ったくらいで修理などしないのだし、借りているのだから私の車ではなく持ち主(レンタカー会社)が修理するといえば従うしかないのであるから、レンタカーならば、いや、レンタカーだからこそ、なおさら慎重になるべきだろう、と思い知った次第だ。
    だが、時すでに遅し。
    安いからこそ、ただそれだけの理由で、格安レンタカーの雄ニコニコレンタカーを借りたわけだが、結果として大手の3.5倍もの高額な支払い金額になってしまったわけなのだった。
    これぞまさに、安物買いの銭失い、本末転倒である。
    貧乏人は貧乏であるからこそ、もうそれ以上、金はないのだ。
    無謀な賭けに出ずに、一見、割高のように見えても、大手レンタカー会社で借りた方が賢明だろう。
    あー、ちくしょう!
    何でぶつけてしまったのだろう!
    クソ、クソ、くそったれ!
    自分自身に腹が立ってしかたない!
    無い金を他の支払いを遅らせてまで無理して払わなくてはいけなくなったのだ。
    またもや携帯が止まるのだ。
    電気もガスも水道も!
    クソ、クソ、くそったれ!
    ともかく、貧乏人ならば、貧乏人の特性として余分な金は無いのだから、レンタカーを借りる時は借りる時だけの金(保険代含め)が全てになるようにしたい。
    但し、大手レンタカー会社は保険に入りさえすれば自損でも修理代は保険適用となるのだが、ノンオペレーションチャージ(NOC)に関しては、トヨタレンタカーでもニッポンレンタカーでも、やはり2万円という金を取られる。
    2万円くらいならというプチ貧乏人ならば、それでもいいだろう。
    だが、私たちほどの筋金入りの貧乏人には、大手というだけではダメなのだ!
    私たち貧乏人に2万円なんて大金があるわけないのだ!
    ということで、万全を期すならば、私の調べでは、今のところ、オリックスレンタカー日産レンタカーだけは、オプションでNOC免除プランがあり、はじめに全ての保険(総額2000円くらい)に入りさえすれば、一切の追加金が発生しないようになっている。

    オリックスレンタカーは、免責補償制度(CDW)24時間1080円とレンタカー安心パック648円で、計1728円。
    日産レンタカーでは、免責補償制度1296円と日産安心サポートプラン(NAS)540円とNOCサポートプラン540円で、計2376円。
    参照HP:オリックスレンタカー日産レンタカー


    金額的には、レンタカー代そのものはほぼ同額だから、保険代の分500円~600円ほどオリックスレンタカーに軍配が上がる。
    よって、貧乏人に最適なのはオリックスレンタカー、次に日産レンタカーだ!という結論に達した。
    といっても、それは次回からの話である。
    今回は、もう、どうしようもない。
    夏休みの終わりにレンタカーを借りて、娘を連れ福岡まで遊びに行くという計画は、これで完全に不可能となった。
    全て、私の、不徳の致すところ、である。


    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ