天草周遊記6-天草・島原の乱と天草四郎(3)-

    天草四郎は、いわば通り名である。
    もともとの名は、益田四郎といった。
    では、この益田四郎という少年は、何者だったのか。
    益田甚兵衛なる百姓の長男だ。
    四郎は一人息子であり、他に姉と妹がいた。
    では、この百姓であった父・益田甚兵衛とは、何者であるのだろうか。
    実は、四郎の父・甚兵衛は、小西行長の元家臣であり、祐筆という職務につく文官だった。
    小西家断絶後、家臣であった父は、農民となり、天草(もしくは隣の宇土)で生活していた。
    ここまでをまとめよう。

    1.キリシタン大名が元の領主だった。

    2.キリシタン大名でない領主に変わった。

    3..飢饉が起こった。

    4.厳しい年貢の取立てにより生活が困窮していた。

    5.農民の中には、小西家や有馬家というキリシタン大名の元家臣であった百姓たちが数多くいた。

    6.天草島原の乱の指導者層は、上記5の者たちである。

    7.一揆に対し、指導者層(キリシタン大名の元家臣たち)は、生き地獄に耐えるより、死して天国に行くことを説いた。(キリスト教により、民衆を先導した。)

    9.この乱の象徴として、大義名分を背負った救世主として、文官である父たちが創作した奇跡物語を通し、一人息子・益田四郎を、天草四郎として祭りあげた。

    さて、ここまできて、気づいたことだろう。
    天草・島原の乱は、偶発的に起こった百姓一揆ではなかった。
    この乱の最高指揮権は関が原の戦いで敗れた今は百姓暮らしの浪人たち13人が有していたのだ。
    彼らにとっては、最後の戦だった。
    天草四郎の数ある逸話の中、秀頼の子、秀吉の孫、という伝説がある。
    これはデマなのだが、一部には、そうして反乱軍を募ったのだろう。
    ただ、これは、武士もしくは元武士にしか通用しない逸話だ。
    秀吉の後継者であるという理由など、百姓たちには、てんで関係ないのだ。
    昨今の震災などでわかるだろう、デマの中には少なからず民衆の心理が隠されている。
    この天草・島原の乱は、新政権(徳川家や江戸幕府)を確立させまいとするバックラッシュだ。
    時は進み、明治初期に起こった神風連の乱も同じく新政権への反旗であった。
    これらは全て同じ熊本地方で起こっている。
    それは、何故であるか。
    熊本県人を表す言葉に、もっこす、という呼び名があるのをご存知だろうか。
    つまりは、これら新しき体制への抵抗、反乱、圧倒的な保守思想、これこそがもっこす精神なのである。
    今現在、新商品などのマーケティングの基本で多くの企業がまずは熊本で試すと言われているほど、熊本県人は新し物好きで有名である。
    だが、熊本県人の精神性が、今と昔で変わったわけではない。
    いつの世も、もっこすは、少数であった。
    少数のもっこす精神有する熊本県人が、熊本の民衆を魅了し、様々な騒動を引き起こしてきたのだ。
    現在、このもっこす精神を体現するのは、ばってん荒川亡き後、ばってん城次であろうか英太郎であろうか。
    いや、どちらでもないだろう。
    ばってん城次や英太郎では、誰も、死を賭してまで戦わないはずだ。
    どのような人気者であっても、やはり誰も天草四郎にはなれないのだ。
    熊本だけでなく、日本全土を見渡しても、(カルト教団は除き)、たとえ祭り上げられたとしても、神に一番近い座にまで祭り上げるだけの価値ある者は、未だ、天草四郎以外には出ていない。
    天皇がいるではないか、と言う早計な論客もいるだろうが、天皇は、万世一系という長い月日の重みがなければ、ただの人ではなかろうか。

    一代で、いや、たった16歳で、救世主にまでなった者は、日本の歴史上、天草四郎のみである。



    つづく。



    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ