親見て、子育つ

    思い起こせば、母には色々な場所に連れていってもらったよ。
    精神病院の保護室から、老人ホームから、良くも悪くも様々な世界を見せてくれた。
    言葉では決してわからない現実ばかりさ。
    人間世界への深い洞察を与えてくれたよ。
    雪道をバイク走らせ、四時間。
    ようやくたどり着いた郊外の脳神経外科病院。
    病院の匂いって何だか人間がモルモットになったような気がして嫌だね。
    母は、ナースステーション横の救急部屋のベッドの上で、静かに目を閉じ眠っていたよ。
    じっと見つめていると、声には出さずとも、確かに聞こえたんだ。
    「ここは人間の体を脳内からのみ考える場所よ。間違っていないけど正しくもない彼らの論理もよく覚えておきなさい」
    ああ、わかったよ。
    せっかく身を削りながら連れてきてくれたんだ。
    ちゃんと観察するよ。




    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ