森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    理学療法士という天才

    入院1週間後、母の様子を見に行ってきたよ。
    前回、大腿骨骨折の時は病院に馴染めず、早々に追い出されたから、今回も同じようなことが起きるのではないかと気になっていたんだ。
    病院では、行政の縦割り区分のせいなのか、今までどおりヘルパーさんとか介護職の方に世話してもらえないんだよね。
    忙しく動き回る看護士は、点滴や薬での体調管理はしても、介護はしないんだ。
    こういう医療と介護の分断って改善の余地があるように思うけど、どうなんだろうね。
    これから国は医療費削減方向で、なるべく入院させない方針に転換していくようだけど、どうなっていくんだろうな。
    病院の面会は、昼過ぎの14時からと決まっているから、14時ぴったりに行ったよ。
    大部屋に変わっていて、4人部屋で、3人が婆さん、1人が中年女性の部屋だったよ。
    婆さん3人はね、言葉もしっかりしていて、母と同じようなちょっとした老化による脳梗塞だろうな、と推測できたよ。
    ただ中年女性だけは、体も動かせず言葉も話せず「あー」とか「うー」とか呻いているだけだったから、可愛そうだけど本当の脳出血での入院なんだろうな。
    それで、母は、こちらの心配もよそに、すこぶる元気だったよ。
    2週間ばかりは血液をさらさらにする点滴をするとのことだったけど、もしかしたら本当に認知症っぽい感じ、例えば機嫌の悪さとか、怒りっぽさとか疑り深さとかも、脳梗塞が原因だったのかもしれない。
    それに記憶もここ数年口にしていない昔話も思い出していて鮮明になっていたし、何より今自分が脳梗塞で入院しているという事実をきちんと認識できていたことに驚いたよ。
    こうも性格や記憶力や認知能力が変わるなら、私もそうだが、もう日本中の老人全員に血液をさらさらにする薬を投与した方がいいんじゃないかとさえ思ったよ。
    母と話していたら、イケメンで爽やかなNHKの歌のお兄さんのような若い男性が来てね。
    理学療法士とかいう職種の人のようで、「少しリハビリしましょうか」と母に話しかけたよ。
    気難しい母のことだから嫌がるだろうと見ていたら、満面の笑みで頷いたから、またもや驚いたよ。
    理学療法士の男性の言うとおり、グーチョキパーを20回ずつ、とか素直にやっているんだよ。
    そのあと、理学療法士の男性にお姫様だっこをされて、座る練習とか立つ練習とかやってね。
    目は見えなくともイケメンぶりがわかるのだろう、母は始終ニコニコしていたよ。
    その時、理学療法士が私にも話しかけてきてね。
    「いつから歩けなくなりましたか」
    「3年位前に大腿骨骨折してリハビリを途中でやめてからずっと寝たきりなんですよ」
    「そうですか、歩かない期間が長かったんですね。歩けそうですけどね」
    そんなやりとりをしたんだけど、家に帰ってブログを見てみたら、大腿骨骨折はもう6年も前の話だったよ。
    3年で長いんだから、6年は長すぎだよね。
    あの時は流れるような状況で、もう歩けないものと決めつけてしまったけど、判断ミスだったのかもしれない。
    本当は、あの時、もう少し何とか考えて、リハビリができる環境さえ私が作ってあげられていたら、施設で不自由な生活をせずに、今も一人暮らしができていたんじゃないか。
    介護は体を改善はしない、現状維持だ。
    それに施設にとっては元気に歩き回る老人よりも、寝たきりの老人の方が扱いやすい。
    施設に入った老人は、はじめ歩いていても、だんだんと歩けなくなる。
    私は、どっちが正解かわからなくなってきたよ。
    全ての判断に正解できるはずもないけど、そのたびごとに自分の頭で考えて最善の道を選んできたつもりだったんだけど、全て間違っていたのかもしれない。
    何にも母のことを考えていなかったと気づかされたよ。
    病院では、医師も看護師も患者と向き合う暇がないほど忙しく、患者を見ずに数値ばかりに目を奪われているようで、気ぜわしさがこちらにも伝わってきてね、端で見ていて気持ちのいいもんじゃないよ。
    だけど、理学療法士は、患者と向き合い患者の気持ちに寄り添わないと患者は動いてくれないからだろうが、技術はもちろん心でもって患者と魂の交流をしているような気がしていて、感動すら覚えたよ。
    歌のお兄さんを尊敬したことは今までの人生で一度もなかったけどね、こうして母の溌剌とした姿を目の当たりにすると、人間社会の根幹を担うのは、気難しい医者でもなければ、誰でもない、優しく優れた歌のお兄さんだ、と思ったよ。
    とても私にはできそうもない。
    「来週からは車椅子で外にでましょうか」
    理学療法士の若い男性はそう言った。
    母は満足そうに頷いた。
    私の口からは、極めて自然と、何の躊躇も、恥じらいも、邪念もなく、こんな言葉がついて出たんだよ。
    「先生、ありがとうございます。これからも、よろしくお願いします」




    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1110-2b60ba18
    該当の記事は見つかりませんでした。