マイペース・マイワールド

    心持ち喧嘩せず

    地上の空論

    地上ではあらゆる手段を講じ人間が人間を支配する。
    ある者を天皇と呼び、ある者を首相と呼び、ある者を議員と言い、ある者を役人と言い、ある者を上司と言い、ある者を部下と言い、ある者を派遣と言い、ある者を無職と言い、ある者を死人と言う。
    地上では相も変わらぬ20世紀的発想が続く。
    21世紀初頭に地上に現れたAI人間たちもお得意の地上の空論を繰返す。



    エピソード1
    ふと立ち寄った小さな喫茶店での出来事。
    客はカウンターに5歳くらいのガキ連れの団地妻。
    常連客のようで60過ぎの女店主と団地トークに花を咲かせる。
    聖は入り口付近のボックス席に座る。
    「灰皿ください」
    すると女店主は常連客と顔を見合わせた。
    「子どもがいるんで」
    女主人が言った。
    わかばを取り出し火をつけるだけの態勢の聖は度肝を抜かれた。
    「えっ?」
    「すみませんが、子どもがいるんで」
    「なに?」
    すると空気を読むことに長けたガキが素っ頓狂に言う。
    「まあ、いいよ!」
    女主人は満面の笑みで灰皿を持ちボックス席にやってきた。
    「子どもの許可がおりましたので!」
    聖は呆れ顔のまま煙草片手にカウンターまで行く。
    「許可してくれてありがとよ」
    わかばの煙を子どもの顔に何度も吹きかけ店を出た。


    iPhone片手にアイコス吸うAI人間。
    WHOは地上人の健康を肉体だけでなく精神にまで押し着せる。
    だから、WHOの後ろ盾があるアイコスAI人間は、iPhone片手に澄まし顔。
    頭が空っぽだから、何か疑問が湧いたら、サッとwikipediaを開く。
    眺めて、したり顔。
    空っぽだから、澄まし顔。
    アイコスAI人間は、視線恐怖の為に、目を伏せるように、iPhone片手に、どうでもいい地上の空論を眺めている。
    アイコスAI人間は、煙草をニコチン接種法だと勘違いしている哀れなニコチンジャンキーだ。
    ヨガでもどんな呼吸法でも吸うより吐く方が大事だ。
    煙草は、単にニコチンを吸っているのではない。
    むしろ煙を吐くところにこそ意義がある。
    もはやこんな単純なことまでわからなくなったのか。
    精霊と交信をやめた地上人の成れの果てだ。





    Posted by 森井聖大 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1127-2099f439
    該当の記事は見つかりませんでした。