森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    地底初夜

    地底に降りていくとひんやりした緑色の世界だった。
    しばらくすると肌色だった私の体はうっすらとした緑色へと変化していった。
    太陽がない世界では朝も昼も訪れることはなかった。
    永遠の夜の中に私たちはいた。
    緑色のキュウリをかじったり緑色の枝豆を食べたりした。
    そうしてミントがたっぷり入った緑色のモヒートを飲み続けた。
    地底では一夜も明けず。
    光がないと時は過ぎず。
    それでも地上では、半年が1年になり、1年が3年になっていた。
    私の体はもう他の地底人と変わらぬ濃緑色の肌になっていた。
    不意に頭上高く遠い土の上から誰かが私の名を呼んだ。
    「ヤゴキンさーん!ヤゴキンさーん!」

    だが、私は、その声には、答えなかった。





    Category : 地底人の証明
    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1146-50b56b6a
    該当の記事は見つかりませんでした。