森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    おパチンコで負けたお前へ

    今日もおパチンコで負けた。
    おパチンコ中の値動きは激しく乱高下を繰返した挙句すっからかんに負けた。
    最後の方は玉を購入しながらまるで倒産する会社の株式を購入するようなものだと思った。
    私が投資した会社は破産し私の投資金もろとも無くなったのだ。
    それでも私はおパチンコが好きだ。
    勝っても負けても、たとえ借金を作っても、こうして日がな一日おパチンコを打てた喜び!
    お前は知っているだろ?
    たとえ財布が空になっても心は満たされるものだ。
    おパチンコ屋というのは牧歌的であり、ふる里的である。
    じいさんばあさんは毎日通い公民館よろしく休み休み1パチを打ちながら談笑している。
    そうしながら、煙草を吸い、珈琲を飲み、ぼんやり玉の行方を追い、ほとんどが当たらないリーチアクションに一喜一憂する。
    みな一様に無表情だが心の内では喜怒哀楽が渦巻いている。
    隣のおっさんが座ってすぐにかかると悔しがり、後ろの兄ちゃんが怒って台を叩いたりすると宥めたり、横に綺麗な姉ちゃんが座るとそわそわしたりする。
    おパチンコ台という機械と相対していながら不思議なことだが、どんな場所よりも人間味が溢れている。
    おパチンコ屋に集う人々は悪いこともできない道徳的な心優しき子どものような人ばかりだ。
    だからお前はダメ人間ではない。
    パチンカスでもない。
    立派な戦士だ。
    負けてもいいのだ。
    命があればまた戦える。
    明日は明日の風が吹く。
    フィリピンからマッカッサーを追い出しても、数年後日本本土に支配者としてマッカッサーは帰ってきた。
    9回裏の逆転サヨラナホームランも枚挙に暇がないほどだ。
    勝負は終わってみないとわからない。
    戦況は目まぐるしく変わるものだ。
    今日負けても明日勝てばいいだけだ。
    勝負し続けるお前が好きだ。
    世の中の陰口や罵詈雑言に屈することなく、お前にもお前が好きになって欲しい。
    お前は何もせず人の陰口を言うような心の腐った人間ではない。
    高校球児がやっている甲子園なんかより、お前の人生を賭けたおパチンコの方が見応えがある。
    自らリスクを負い崖っぷちに実存を追い込むストイックなお前を、私は愛す。
    おパチンコに負けたからといって、さらには負けても通うからといって、世間はお前を依存症とか病気とか言うかもしれない。
    だが何も依存症とか病気というわけではない。
    簡単に言えば、ただ負けが込んだだけじゃないか。
    だからメソメソするな!
    明日勝てばいいじゃんか!
    うん、明日は勝てるよ。
    いや明日負けても明後日があるさ。
    いやいや明後日負けても明々後日があるじゃないか。
    なあ、お前、どこまでもやってやれよ。
    お前が諦めなければ、お前が死ぬまで勝敗はわからないんだから。
    だから、さあ、戦士よ、今日はゆっくりお休み。
    健闘を祈っているよ。
    Good Night.



    Category : 投資家への道
    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1147-01396b6a
    該当の記事は見つかりませんでした。