マイペース・マイワールド

    金持ち喧嘩せず

    初めての占い

    ふと通りかかった町に占いの看板が出ていた。
    不意に、この先の人生でも占ってもらおうか、という気になった。
    エレベーターを上がり、店に入る。
    8人の占い師がいるらしく、ラブホのようにパネルをタッチして選ぶ方式だ。
    よくわからないから躊躇していると一人の男性占い師が出てきた。
    「今は私しかいないのですが」
    別に誰でもよかった。
    占い師に連れられて個室に入った。
    タロット占いの人であった。
    「何をお知りになりたいですか?」
    「うーん、何かな……」
    改めてそう聞かれると、特に何ということもない、悩みもあるようでない。
    しばし考えた。
    業を煮やした占い師が再度聞いてきた。
    「たとえば結婚とか仕事とか?」
    「そういうの特に興味ないし悩んでもいないんで……」
    沈黙が訪れた。
    占い師にすれば、こいつ何しに来たのだ、という感じだろう。
    「うーん、漠然とですが……この先の人生全般みたいなことを占えますか?」
    占い師は頷いた。
    それから氏名と誕生日を伝えた。
    占い師はタロットカードを繰り、裏返した。
    その中から、一枚、私に引かせた。
    そこから、占いがはじまった。
    タロット占いでは人生は22年周期であるとのことだ。
    結論から言うと、私は来年からはじまるこの後の22年でになるとのことだった。
    王というのは比喩なのだろうが、要は、有り余るほどの財を成し、全てにおいて成功する、とのことだった。
    「やっぱり、そうですか」
    特に驚きもしなかった。
    聞かなくてもわかっていた。
    「男性が占いに来ることは少ないです。男性が占いに来る時は人生の大きな分岐点なことが多いです。あなたは今まさに成功者への道を歩むスタートラインにつくようです。もちろん誰よりもあなた自身がそれをわかっていることでしょう。あなたは確認に来ただけでしょう。ただ一つだけ気になるカードが出ています。それは成功直前でのネガティブカードです。あなたはずっと王になる運命でありながら強引に避けてきたようです。仏陀にでもなるつもりですか。この意味をご自身でおわかりですか?」
    もちろんわかっていた。
    今まで私は成功者も金持ちも王も皇室も何もかも蔑んでいた。
    真の成功者はホームレスと思って生きてきたからだ。
    「わかっています。それが運命なら、これからは運命に逆らわず、有り余るほどの財を成し、成功し、私の財産を世の中に寄付します」
    最後に占い師は、こう言った。
    「是非そうしてください。あなたほどの才気溢れる幸運な運命の人はそういません。もう15年ほどタロット占いをしていますが、こんな素晴らしいカードが出たのは初めてです。勿体無いですよ。正攻法で成功します。もっとリアリストになっていいと思います」
    「わかりました。では、また、22年後に来ます」
    こうして初めての占いを終えた。




    Category : 投資家への道
    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1159-935c8482
    該当の記事は見つかりませんでした。