マイペース・マイワールド

    心持ち喧嘩せず

    はじめての期日前投票

    はじめての期日前投票に行ってきた。
    実際のところ、期日前投票だけではなく、国政選挙への投票もはじめてだ。
    これまで、全くといっていいほど、政治には興味がなかった。
    ほとんどの者と同じように「誰がなっても同じ」と思っていた。
    選挙にも行っていないのだから、政治を語る資格もない。
    だが、今回は、どうしても行くべきだ、と思った。
    私の1票だけは違うモノに入れておくことが必要だと思った。
    この年になって、選挙は候補者にとっては勝った負けた当選した落選したの話だろうが、一国民にとっては、勝った負けたの話ではない事にも気づいた。
    たとえ有力な議員が勝つことが決まっている地方の選挙区であろうと。
    1票の重みを、私は、有している。
    1票の重みとは、何であるか。
    それは、施政者に対する、無言の圧力である。
    前回より得票数が下がったな、と思わせるだけで意味がある。
    「間接民主主義による代議士なんだから、私に力があるのは得票数があるからだもんな」
    そういう当たり前の事に気づかせる力が選挙には有る。
    「どうせ誰が当選するかわかっている」
    「私の1票など意味がない」
    「投票の意味がない」
    と人は言う。
    だが、実は、逆なのである。
    だからこそ、意味があるのだ。
    デモをしても、ネットや居酒屋で政治を語っても、投票しなければ何の意味もない。
    政治システムは時代によって変化するだろうが、現在は間接民主制であるから選挙しかないのである。
    日本は、間接民主主義であり、政党政治なのだから、小選挙区と比例区にしっかり政党基準で投票すること。
    選挙で投票しなければ何の為のテレビやネットで見聞きした情報なのだろう。
    数多の情報を知りながら、本末転倒である。
    権力者の思惑通りに事を運ばせない。
    権力者の完璧な計算に水をさせる。
    それが、選挙である。
    今は、どこに投票すべきか。
    それを見抜くのが、上質な国民なのである。
    それこそが、民度の高い国民、なのである。
    それこそが今回の選挙の意義である。
    しかし、最高裁判所の罷免に関しては、誰一人知らなかった。
    事前にそれぞれの判決について調べてから投票に行くつもりだったが、すっかり忘れていた。
    次回は、きっちり、最高裁判所の裁判官についても調べ上げて投票に行きたい、と思った。
    最後、投票所を出たところで、職員から、
    「ご苦労様でした」
    と声をかけられた。
    確かに全く意義があるのかないのか分からない制度の中で、しかし現行のシステムでは投票するしかないことを知っている国民に対して、この「ご苦労様」はとても心に響く良い言葉だった。
    私は年収100万にも満たないしがない一国民である。
    だが、しっかり、国政に参加した。









    Posted by 森井聖大 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1166-53437a9b
    該当の記事は見つかりませんでした。