森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    大悪党と文鳥

    夢のなかで夢を見ているような

    夢のなかで現実を生きるような

    そういうこともなくなって

    現実に浮き足立つこともなく

    現実に歯向かうこともなく

    ただ現実のなかで現実を生きている

    この心だけもって

    この体だけもって

    しっかり死にむかって

    生きている

    そんな私は

    この冬

    一羽の文鳥を飼いはじめた



    小鳥を飼い、舞踏を見るのがそんなに立派な生活なのか。刺す。そうも思った。大悪党だと思った。
    ー太宰治『川端康成へ』より






    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/1173-e7a19073
    該当の記事は見つかりませんでした。