マイペース・マイワールド

    東南から来たはずだが、いつからか日本人。

    銀座モダンアート『zine展』について訂正とお詫び

    前回のブログで銀座モダンアート『zine展』にて、メンバーの月森あかりさんのブログを参照記事に、また本人からメールも頂きまして、1日で完売したという報告をこのブログでしましたが、本当は見本誌一冊しか売れていませんでしたので、ここにお詫びと訂正を申し上げます。

    間違いブログはこちら銀座モダンアート『zine展』、たった1日で『何故?第二章 零号ー衝動ー』完売

    なので今日までおれは、完売してよかった、四割の手数料とられても6600円ある、と、るんるん気分でいたのだ。
    しかし、今日の夕方、佐川急便の屈強なおじさんがやってきた。
    「着払い1160円です」と銀座モダンアートから売り切れたはずの本10冊を1160円払って無事受け取ったのである…。
    一瞬、怒りがこみあげた。
    しかし、もうおれも大人なのだから、こんなことで怒るのも大人気ない。
    同人誌を展示してくれただけ有難い。
    そう何度も自分に言い聞かせていたが。
    でも、やはり…。

    『何故?』だけ、すみません売り切れで見本の本でもいいですかと言われました。ー月森ブログより


    これは、一体、何のことだ。

    正直、すげえ、むかつく!

    箱を開けると、ただ本が10冊、その上に〈売り上げ1冊、600円〉と書いた紙が一枚あるだけで、それで、その600円はどうするのか何も書いてない。

    もう箱に同梱して送ってきたらいいやないか!

    最初に何も言わないから、「売れた場合どうするの?」って聞いたら、「銀行振り込みです」って、振込口座も聞かないし教えてないのに。

    どうすんだよ!

    それよりもなあ、もう完売したと思って、見本誌までも入れて11冊分、四割とか割高の手数料とられても6600円ある、じきに入ってくると思って、こっちは生活してきたんだよ。
    それが600円になってなあ、上島竜兵じゃないが、殺す気か!

    同人誌だと思ってなめとんのか!

    完売したという情報を流さなかったら、何人か会場に足を運んだ人もいるはずなんだから。
    多分前回の完売しましたブログも見ているだろ?
    まずはじめに銀座モダンアートに参加しますって記事をブログに書いたらすぐにリツイートやフェイスブックのイイネボタン押したよね?
    しかも一斉送信で、ネットでの宣伝お願いします!メールも送ってきたんだから、ネットでの反応気にしてんだろ?

    見たら間違いですの一言くらい言え!

    それで、すぐに訂正できて、こんなにぶち切れることもなかったんだ。
    だいたいな、ネットを使うならネットでいい宣伝だけしてもらえると思うな。
    その反動で悪かったら正直に悪いと書かれることも覚悟しろ。

    正直『zine展』という企画がよかっただけに、残念極まりない。
    次やる時は、ただの展示会にしろ。
    イライラしなくてすむ。

    イライラして煙草の量が増えたから1箱吸ってしまったぞ。
    煙草代がないから、600円が待ち遠しい。
    早く連絡してね。
    じゃないとLOVEさんが本気でキれるらしいぞ。





    Posted by ポリネシアンハート on  | 11 comments  0 trackback

    11 Comments

    小柳日向 says...""
    訂正とお詫びというより、怒りって感じですね。
    怒るのも無理もないと思います。
    お疲れ様でした。
    2013.04.21 23:48 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    愛知県人こういうの恐いから。うちやって、もし俺が適当に在庫調べて、客に、
    「在庫ないんでごめんなさい」
    と言い、よく調べたら在庫あったりしたら、神経過敏な我々は怒り爆発して天地がひっくり返るほど。俺は殺されそうな雰囲気になるから。

    恋人の本がこんな扱いを受けたら確かにムカつく! 何故、在庫確認が取れないなら、正直に、在庫確認が取れないです。と言わないのか。見栄を張ったか、売り切れと言えば空気が和むと思ったか。迷える人だ。

    しかしぶっちゃけ、本の商売についてはゆるい感じぐらいが洒落ていていいと思います。何故? が馬鹿にされた訳でなく、その銀座モダンアートが、商売気質に毒されていない洒落たところなのだ。エレベーターだけで魅力を感じました。

    僕は次も何故?は、銀座モダンアートには出品して欲しいです。僕もめっちゃ愛知県人やで行けんやろうけども!

    大阪文学フリマお疲れさまです。執筆者の一人として、ありがとう。
    2013.04.22 00:01 | URL | #- [edit]
    ツキモリアカリ says..."申し訳ないです。"
    何と言いますか、私が余計な記事を出してしまったために、かえってご迷惑をおかけしてしまったようで、ホントにすみません。
    えっと、正確には、お姉さんは「売り切れ」とは、はっきり言っていなかったです。(ブログの記事では正確ではなくすみません)ただ「こちらはこれ(見本誌)でもいいですか」と言われたので、私が「え、もう売り切れですか」と言ってしまったのに対し「部数が少ししか送られてこないところが多いので、中には2、3冊しか送ってきていないところもありますし……」とにごした言い方でした。だからいいのかって話ですけど。
    ただ、小倉さんもおっしゃられているように場所は凄く良かったのです。できれば自主的に何処かの部屋の一角を借りて販売会を自らやりたいくらいに素敵でした。どのぐらいで借りられるのかは分からないですけど(なんせ、銀座だし……)。それだけに、本当に残念です。
    同じ接客業につく身としては、怒って当然、この場合クレーム言われても仕方ないことだと思います。

    遅くなりましたが、大阪の文学フリマお疲れ様でした。PVも楽しく拝見させて頂きました。大阪、ホント行きたかったです。
    2013.04.22 00:13 | URL | #T0ca3UNU [edit]
    Love says...""
    おはようございます。
    私がキレますが脅しに使われてるし…
    でもね実際、杜撰な管理体制の一言に尽きます。
    まあ、良い勉強になったということですね。腸が煮え繰り返る心境でしたが、私達のやり取りも、このblogも見ず、ただ、宣伝して頂きました、送って頂きました、だけの関係であったと念われ、一言の訂正も謝罪もない主催者だったとは残念ですね。(私はそう念います)
    お疲れ様でした。
    またがんばりましょう。
    2013.04.22 06:06 | URL | #- [edit]
    森井聖大 says..."コメントありがとうございます"
    皆様、コメントありがとうございます。
    昨夜どうにも腹の虫がおさまらずこのようなブログを書いてしまいましたが、正直怒るのはあまり好きではないので、今日は1日怒ったことを後悔していた次第です。
    小倉くんに言われるまでもなく、次も、もし先方が出展可というならば、『何故?』はもちろん『zine展』に出展するつもりでいます。
    そうして次回も、良ければ良かった、悪ければここが悪かったときちんと書きます。
    ネットの情報という意味は無意味で中身のない宣伝ではなく、今まで隠されていた事実、あるいは個人の本音を書く場所でもある真の情報交換の場だという思いもあるからです。
    そうじゃなければ意味がない。
    しかし若干やはり大人気ないと後悔していたので皆さんのコメントに励まされました。
    ありがとうございます。
    こうなったらもう今から銀座モダンアートの次の『第二回zine展』が楽しみです。
    と、その前に、このブログを読んで、どういう対応をしてくれるかも楽しみなところです。
    1ヶ月待ちたいと思います。
    また何かありましたらブログで報告します。
    コメントありがとうございました!
    2013.04.22 21:14 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    何とかして、『何故?』が銀座モダンアートに次回も出品するか、あるいは、銀座モダンアートを敵にまわすか、の、ケジメをつけなければならないですね。百は一があってこそですね。電話番号を調べ、昼12時から夜7時まで開店ですね。夜7時前に仕事が終わったなら電話して、詳細と次回について、僕は聞いてみようかな。
    2013.04.25 23:22 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    昭和の日に6時ぐらいに仕事終われたから二回電話してみたけど留守電になりました。田植え時期で連休もあるはずない連日残業なんで、雨の日とか仕事早く終わった時に、電話してみよう。時間感覚がゆったりなので執念深い。
    2013.04.29 19:41 | URL | #- [edit]
    森井聖大 says..."小倉くん・・・"
    先日メールで「意味がないから、やめろ」といったはずですが。
    他にやることあるでしょ?
    2013.04.29 20:43 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    まあまあ。他にやることは色々とやってます。なるべくなら武士に二言はない。次回zine展に出品するとしたからにはなるべくケジメをつけるべきです。広い視野に立っています。
    2013.04.29 21:26 | URL | #- [edit]
    森井聖大 says..."小倉くん・・・2"
    まったく何も見えてないよ、きみは。
    その経緯は説明しただろ?
    それに、いつから武士になったんだ?きみは農業だろ?その前に作家じゃないのか?
    よく考えた方がいい。
    そんな暇があったら一行でも書いた方がいい。
    もうブログ一つで終わってるんだよ、この話は。
    言語表現ではなくそういう直接行動がしたかったら在特会に入ればいい。
    何なら外山さんの我々団にでも入れるように頼んでやるよ。
    物書きなら言語表現に徹しないとダメだよ。
    言葉、文章が全てだともう一度胆に命じた方がいい。
    僕らは文学をやる集団なんだよ。
    2013.04.30 07:03 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    銀座モダンアートでも大垣味噌キャラメルでも山本太郎でも名前は何でもよいのですが、ようは人間がやっているということで、人間として人間を敵に廻すのならば、それ相応な原因が必要だということ。
    『銀座モダンアート』という言葉のみで、そこで人生の三分の一か?を生きる人間を、頭ごなしに『銀座モダンアートの人』と割り切って思い込んでいたら、そら悩みも少なかろうが、社長でも八百屋でもモダンでも作家でも、なんでもよろしい、とにかくそれらは肩書きである。肩書きの底には、人間がある。農家も武士も作家も肩書きに依存しているうちは、駄目です。武士みたいな心で農業していればいいのであって、
    「でも君は農家であって武家ではないよね」
    とか言う人もいるのだから、いや違うよ。農家も武家も単語であって、本当は、実存していないのだよ。ただ単純に、仕事内容が異なるだけである。人を使おうが人に使われようが、どちらも、それで自分が優越感を抱いたり劣等感を抱いたりする、その思いが沸いてくる心の根源に、大切に救われなさがある。それを見ながら生きているか?『何故?』とは厳しい言葉だとは、すべて嘘ならば嘘は嫌いだと嘘を否定しながら、生きることだと思う。文学やら何やら以前の問題です。当然、わかっていないと『何故?』もくそも単なる単語に堕ちる。単語に惑わされないがよい、という、言葉の上では、簡単な話なのだが、実際の暮らしの中では心に絡んでくるから大変なのだ。

    そんな感じで、とりあえず明日休みなので電話して案内送れと促します。俺の作品が載ってるのだから。寒山十拾の『心』と僕のゴミ拾いの時のあの『心』との結びつきをもっと表現できればよかったですがね。
    2013.04.30 20:36 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/678-23ef9a0a
    該当の記事は見つかりませんでした。