マイペース・マイワールド

    金持ち喧嘩せず

    銀座モダンアート『zine展』ブログの後日談ー文学はアートじゃないー

    先日、銀座モダンアートへの怒りに満ちたブログを書いたが、奇妙な反応に正直驚いている。それはともかくおいといて、まず後日談から報告すると、あのブログの次の日に早速「銀行口座を教えてください」というメールが入り、教えると、先週末に振り込み手数料を差し引いた390円が振り込まれた。無論煙草が買えないので、「そんなんだったら、送り返した本に同梱しとけよ」と少々イラついた。まあ、それでも、もういい。他の人には次回開催(早くも6月らしい)の案内メールも同時に届いたらしいが、おれのところにはなかった。それも、もういい。どうせブログを読んで、こいつは面倒だからと除外したのだろう。まあ、当然だし、妥当だろう。おれは、もう全て終わったと思っていた。もとから、銀座も、モダンも、アートも、どうでもいいのだ。ただ、銀座モダンアート『zine展』でこんなことがあった、と、それを言いたかっただけだ。それと同時に、こんなことで、こういうブログを書く奴もいるのだから、今度から気をつけた方がいいよ、というメッセージでしかない類のものだ。その方法に、声が届くように、怒りのオーラをまとわせた言語表現でしかない。それだけのことなのだが、どうにも反応が、いつもと違う。おれのブログを愛読してくれている人なら、ああまたいつものことだ、今度は怒りか、毎度毎度よくやるね、くらいのものなのだと思っていたし、大体の人がそうだったのだが、何故か、本来そんなことを一番わかっていないといけないメンバーの数人が、おれが本当に怒っていて、今も怒りがおさまらないのだと勘違いしており、何だか感情的になり、銀座でモダンでアートがバカにされたのが嫌なのか、怒りの感情への対処に条件反射的に感情を揺さぶられたのか、いったい何なのか、未だに、先のブログのコメントを読めばわかるが、小倉くんなんぞはわざわざ電話までしているらしい。「おいおい、そんなことやってどうすんだよ…」まったくわかってない。ブログはただの日記じゃない。おれは、ただ心境を書いているわけじゃない。嘘といえば全部嘘だ。本当といえば全部ホントだ。つまり、ブログを書いた時点で、このことは相殺しているのだ。おれも何も言わない、相手も何も言わない。これでお互い刺し違いしているのだ。しかも、次回は出展料をとるのだから、もう本当にどうでもいい。勝手にやってろ、『何故?』は出展しない、それだけだ。言語ではなく、現実行動がしたいなら、在特会に入ればいい。何だか初期のドロンパの戸惑いの気持ちがわかった気がするよ。多分こんな感じで流されるまま流れていったんじゃないか。でも、おれは言語表現をしているだけだから、あえてここで、言っておかないといけない。おれの言葉は全て本音ではあるが本音ではなく、本気ではあるが本気ではなく、言葉の持つ力を信じて、ただただ言語により活動をしているのだし、集団ではあるのかないのかもわからないが、単体の結合体としての文学表現者集団としての『何故?』なのだ。
    小倉くんは、エレベーターがいいし、銀座でモダンでアートだからいい、というが、そういうのを田舎モノ根性の俗悪というんだ。文学が、銀座でモダンでアートで、どうするんだ?そんなとこより、鳥取の、佐賀の、あるいは岩手の、岐阜の、そういうところの魚屋の軒先や、八百屋のニンジンの隣に置いといてもらった方が数段ましだし、それこそが文学だ。モダンってなんだ?「それはモダン焼きよりモダンなのか?」アートってなんだ?「それはアート引越しセンターより芸術的なのか?」と問いかけないといけない。だいいち、はっきりいうが、文学はアートじゃない。何様のつもりか知らないが、特権階級のように偉そうに、詩はとか小説はとか語る前に、そういうところの、根本から考えて、もういい加減、綺麗な単語や瀟洒の建物に惑わされず、冷徹な眼をもって、きちんと文学しろよ。それが嫌なら大人しくテレビでも見てテレビ局にクレームでも電話を入れて、ただの観客なのに偉そうな気分に浸っとけばいい。そもそも言い出しっぺのおまえが何にでも『何故?』と問うポリシーを忘れるなよ。『何故?』っていうのは、誰かに答えを委ねるのではなく、徹頭徹尾、自問自答だろうに。

    Posted by 椰子金 on  | 3 comments  0 trackback

    3 Comments

    JASON says...""
    サイトに振込先明記とあった筈だが?
    内容証明送付の後振り込みとあった筈だが。
    私の気のせいかね。

    そして何より完売したら放っといて良かったのか。
    態々原稿を送って戴いたゲストの方のに、少しでも報いよう、と。云う気持ちが有れば、見本だけでも追加で送るのが筋じゃないのか。
    それだけじゃない。
    抑、何の為に『zine展』に参加したんだ!?
    知り合いが見に行けばそれでいいのか?
    本を売る為か?
    そうではなかったと思ってたよ。
    いい加減にしろ恥知らずの腐れ外道!!
    ブロガー?ネットジャーナル?警鐘?笑わせるな。
    てめぇがしたのは単なる誹謗中傷だ馬鹿者め!!
    他人が言ってくれて当然なんて思ったら大間違いだ。
    月森さんにメールで確認した!?あのブログで本当に完売したと思う奴の気が知れない。
    しかも確実な情報源への確認と云う社会人として当然の責任も放棄している。
    もしブログを見ていたとしても。完売した本が有ったら連絡する様に担当の者に言って終わりだ。
    本当は完売などしていなかったのだから連絡なんて来る筈がない。
    本気でやらないんだったらやめちまえ!!
    甘ったれるのも程々にしないと。本気で中津に殴り倒しに行くから覚悟しておけ。
    2013.04.30 11:35 | URL | #- [edit]
    森井聖大 says..."JASONさんと小倉くんへ"
    JASONさん

    お言葉ですが、社会人として『何故?』をやっていませんし、むろん文学をやっていませんので。
    むしろ、その逆です。
    とにかく知らないことに、一握りの知っている情報(その情報源は相手サイトと私のブログでしょうが)で、物を考えない方がいいと思います。
    別にあなたがことさら言わなくても、ネット上には様々な銀座モダンアートに関する情報があるのだし、判断するのは読者ですから。
    そしてね、殴りに行くとか、どういうつもりなんですか?
    『何故?』が何の集団かわかってますか?
    社会人として生きるのなら、もう『何故?』は必要ないでしょう。


    小倉くん

    それを詭弁というんです。農業をやる人は農業に農家としての誇りをもってやっているんです。農家の人が自分を武士だと思ってやっているのだと言うきみは心から農業を愛してません。嫌々やるならやめた方がいい。
    それでもういい加減にして欲しいですね。

    最後に、お2人に。

    ことネットについては、いつも、あなたたち二人には悩まされてきた気がします。
    日常に何の不満があるのか知りませんが、ネットにおけるよくわからぬ出口のない議論で創作の時間が忙殺されるのです。
    はっきり言いますが、創作をしないなら、もう書けないなら、やめた方がいいでしょう。
    創作している人は、こんなことどうでもいいと思っているんです。
    本当にただ創作したい人の邪魔になります。

    私たちは文藝をやっているんです。
    もう随分前からSNSのコミュニティではないんですよ。
    2013.04.30 22:15 | URL | #- [edit]
    小倉 says...""
    わからず屋やなあ、と感じます。まあ色々と大丈夫だろう。
    2013.05.01 07:04 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/681-f680db34
    該当の記事は見つかりませんでした。