森井聖大ファンクラブ通信

    マイペース・マイワールド

    文学フリマで話題騒然・オナニー文学の金字塔『エロオナニスト宣言』、新宿・模索舎にて絶賛発売中!!(各界から絶賛の声・紹介)

    2013年11月4日に開催された第十七回文学フリマにて、孤軍奮闘ながら話題をさらったオナニー文学の金字塔『エロオナニスト宣言』が、新宿にある本屋の中の本屋・模索舎でも購入できるようになった。
    お近くの方は、なかなかに面白い書店なので、一度足を運んでみてほしい。
    もちろん新宿まで遠い方は、模索舎の通販サイトでも購入できる。
    この本は「オナニーの荒野に旗をたてる」という明確な意志をもって書き下ろした。
    しかし、どのような内容なのか、タイトルだけではイマイチ、わかりにくいかもしれない。
    そこで今日は各界から寄せられた感想を紹介するので購入の参考にしてほしいと思う。

    前・文学フリマ非公式ガイドブック編集長の佐藤氏。




    大坂文学フリマ事務局代表の上住断靭氏。



    文学部志望、作家志望のある青年。



    同人誌『絶対移動中』作家であり非公式ガイドブック編集者・伊藤なむあひ氏。



    あとツイッターではなく、私個人のメールに寄せられた感想もいくつかある。
    そのなかで『何故?』からの読者であり、よく私に中村うさぎの本を送ってくれるY子さんの言葉を、最後に紹介したい。

    『何故?』を休止してどうするのかと思ってましたが、これぞまさにひとり勃ち宣言ですね!




    参考になっただろうか。
    それでは、是非とも、模索舎で購入して欲しい。
    一見、乱雑に本が置かれていて、目的の『エロオナニスト宣言』が見当たらないかもしれない。
    その時は、レジの中にいるであろう店主に、堂々と、こう告げたまへ。
    「エ、エ、エ、エロオナニスト宣言ください!」と。

    201310271617000.jpg

    Posted by 椰子金次郎 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/721-498799eb
    該当の記事は見つかりませんでした。