マイペース・マイワールド

    金持ち喧嘩せず

    zine展inBeppu、報告

    8月2.3日と大分県別府市のうらぶれた商店街の片隅でzine展inBeppuは開催された。

    DSCF2254.jpg

    私は2日目の8月3日のみ参加だ。
    10時から準備とのことだったので、早起きし朝9時に家を出て、私としては珍しく、ほとんど遅刻せず、10時半に会場へ着いた。

    DSCF2249.jpg

    隣には、ネトウヨが見たら怒るだろう、オモニの店がある。

    DSCF2251.jpg

    恐る恐る会場内に入ると、主催の豆塚さんとメガネの女性がいたので、挨拶した。
    「ざ☆ぶんがくまんです。今日はよろしくお願いします」
    それから空いている棚に『エロオナニスト宣言』と『超S宣言』を置かせてもらい、本日の主役『文キチじいさん』のイラストを貼りつけた。

    DSCF2247.jpg

    他の棚にはキレイかつカワイイ本が並べられていたので、少々浮いている気がした。

    DSCF2248.jpg

    準備は終わったので、あとはスタッフの皆さんに任せて、早速パチンコに行った。
    行く途中に、『ニュー南映』という名のポルノ映画館があった。

    DSCF2253.jpg

    パチンコ店に着いた。
    何を打とうか迷ったが、京楽から出ているキン肉マンというMAXタイプの確変機に座った。
    すると、なんと500円でかかった!
    1/399と確率が悪い代わりに、一度かかると、もしかしたら10万円出るかもしれない台なのだ。
    こんなに早くかかったことにビックリしたが、これも日頃の行いがいいからだろうと納得したのも束の間、何ということだろう、連チャンせずに、まさかの一回で終わり。
    いきなり奈落の底に落とされた気がした。
    それから、その出玉を打ち込み、なおかつ1万円入れて、ようやく2回目の当たりをひいた!
    だが、またもや、大連チャンとならず、4連チャンで終わり。
    ついているようで、ついていないような、複雑な心境……。
    その後、様子見で1箱分の出玉を突っ込み、やめた。
    結局、収支は、+8700円。
    まあ、いいだろう。
    今日はzine展inBeppuに来たのだ。

    時計を見たら、14時だった。
    まだ時間はある。

    zine展inBeppuの会場に戻り、外から様子を伺ったら、お客さんが数人いた。
    しかし、私の出番はない。
    お腹が空いたし、時間つぶしに、隣の『Cozy Corner』という名の紅茶とお菓子の店に入った。
    紅茶のことには無知なので、自称シティボーイと言い張るマスターおすすめ『マルコ・ポーロ』を頂いた。
    食べ物は、スコーンと桃のタルトを注文した。
    それから色々聞いたら、自称シティボーイのマスターこそが、今回zine展inBeppuの会場となった元ムラヤ青果店の息子であった。
    「シティボーイって、八百屋の息子じゃん」
    たまらずツッコミを入れた。
    紅茶のことはよくわからないし、スコーンはスコーンだとして、桃のタルトは美味しかった。
    レジの苦手なバイトの女の子が会計をすませた。
    まだ時間があるので、
    「どうしようか?」
    とマスターに聞いたら、
    「竹瓦温泉に行けば」
    と言う。

    会場から竹瓦温泉までには、ソープとヘルスの呼び込みが数人待ち構えていた。
    誘惑から逃れながら、どうにかたどり着いた。

    DSCF2257.jpg

    竹瓦温泉は歴史のある温泉であるらしい。
    入湯料は100円だったが、タオルが320円もした。
    しかし、別府温泉と文字が入っているので、土産で買ったと思えばいい。

    DSCF2259.jpg

    私はすぐのぼせるので5分であがった。

    帰り道は、呼び込みにあわないようにと違う道で帰ったが、そこにも顔色の悪いヒロポンでも打ってそうな男が立っていた。
    「ヌキどうですか?」
    ヒロポンはやめなさいと心で呟き素通りした。

    もう何度目だろうか、zine展inBeppuの会場へと舞い戻り、外から様子を眺めると、また新たなお客さんが1人か2人いるようだった。
    初日は総計100冊程度売れたとのことだ。
    今日、私の本がどれだけ売れるか楽しみだ。
    だが、無論、私の出番はない。
    そう思いながら、8月1日にオープンしたばかりという隣のコーヒー店に入り、アイスコーヒーを注文した。
    コーヒーを飲みながら、外のテーブルでわかばを吸いながら時をすごした。
    喫煙席ではジャマイカ風の服装をした親子や別府でzineを作っている男性と話した。

    zine展は、18時10分くらいに無事終わった。
    今日も合計100冊程度の本が売れたとスタッフの方が言っていた。
    しかし私の本は合計6冊しか売れなかった。



    終わり。



    Category : zine展in別府
    Posted by 椰子金 on  | 2 comments  0 trackback

    2 Comments

    にぎにぎ says..."別府のお笑い探訪記?"
    どうもありがとうございました?
    また?みえみえと、大笑い!!

    昨日、
    3時前だったか?
    zine展に行きましたよ。

    女子が多くて、入りづらい雰囲気でしたけど。

    女子の本が多くて、綺麗な本が多くて・・・
    僕としては?
    フリーペーパーは、○○になるし。
    (○○フリマっぽい?のは、飽きたかも??)
    唯一購入したのは、
    写真詩集「僕は君が大好きです」(添嶋譲)。

    また機会があったら、お話しましょう!

    (尚、8月14日(木)17::00~22:00
    大分市中央町のthe bridgeの夏祭りに、
    ふわふわ舎(咲夜三恵主宰)は、出店?をするそうです。
    フォトポエムが中心になるのかな?
    内容は、まだわかりません?)






    2014.08.04 19:04 | URL | #9L.cY0cg [edit]
    森井聖大 says..."Re: 別府のお笑い探訪記?"
    にぎにぎさん

    ニアミスでしたか、ちょうど隣で紅茶を飲んでいたかと思います。
    添嶋さんも文学フリマの常連で知ってます。
    14日、行けたら行きたいです。
    大分ポエトリー(仮)開催を急かしに。
    2014.08.05 23:32 | URL | #- [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/757-cd7e2343
    該当の記事は見つかりませんでした。