第二回文学フリマ大阪外伝ー名門大洋フェリーー

    9月12日金曜日、第二回文学フリマ大阪に行くために、新門司港から大阪南港に行く『名門大洋フェリー』を利用した。
    名門大洋フェリーのHPを見ればわかるが、一日二便あり、私は遅い方の19時50分発の二便目にした。
    現在私がいる中津から小倉駅まで電車で約1時間1110円でいける。
    それから小倉駅前新幹線口側のファミマの前に行くと、すでにJ島がいた。
    J島は、修学旅行以来、今回生まれてはじめて福岡を出て大阪に行くとの事で、予想通り今にも手首を切りそうな死にそうな顔をしていた。
    18時40分に新門司港までの無料送迎バスが来るから、それを利用した。
    HPに記載はなかったが、新門司港に着くと『名門大洋フェリー』専用の駐車場があり、72時間(3日)500円だったから、車でもよかった。
    無料バスは定刻どおり19時20分に新門司港フェリー乗り場に着いた。

    フェリーふくおか2


    ネット予約し、予め乗船申込書も印刷していたので、すぐに乗船手続きをすますことができた。
    二等客室で1人片道5680円、往復で11360円だった。
    乗船し、ひとまずすぐに右側の通路奥にある二等客室に向った。
    二等客室は数室あり、雑魚寝の部屋なので、場所取りが難しい。
    何室か確認し、角があいていた、C-06に場所をとった。

    二等客室ドア

    25名入る部屋だが、同部屋には知らない人たちが6名くらいしかいなくて、運良く皆おとなしそうな人だったから快適な部屋だった。

    二等客室内

    19時50分に『フェリーふくおか2』は新門司港を出て、大阪南港に向け、出航した。
    船旅は久しぶりなので、新鮮だ。
    まずはレストランで21時半まで営業のバイキングを食べた。
    1500円で90分食べ放題なので、いっぱい食べようと全種類を器に盛り食べたら腹がパンパンになり動けなくなったが、それでも、せっかくの船旅なのでと500円コインを入れ自動サーバーでビールを注いで飲んだら、余計動けなくなった。
    10分ほどテーブルに茫然自失で座っていた。
    次は展望デッキに向った。
    夜なので何も見えない上に、少々揺れを感じ、少し気持ち悪くなり、喫煙所へ行った。
    喫煙所へ行くと、既にJ島がわかばを吸っており、その他には、ねずみ色のジャージを着た痩せたおじさんがいた。
    一瞬まるで精神病院の喫煙所のように見えた。
    このおじさんはこれから朝8時半に大阪南港に着くまで、まるで喫煙所の住人のように、毎回喫煙所に行くたびに見たので、かなりのヘビースモーカーなのだろう。
    風呂は24時までだったが、行きはタオル代をケチり入らなかった。
    帰りの便で出航後すぐ20時すぎに入ったのだが、レストランの空いている食事時だった為か3人しかいなくて、かなり広い銭湯のような湯船にゆったり浸かることができた。
    二等客室は22時半が消灯時間だった。
    電気は自動で消えるのかと思ったら、乗務員がドアを開け室内のスイッチを一部屋ずつ消していく、という原始的なシステムだった。
    二等客室は床が固く敷布団も薄いので体が痛くなったり、エンジン音がじかに体に伝わり気にはなったが、これも慣れだろう、行きはどうにも寝苦しくて夜何度か喫煙所へ行ったが、帰りはぐっすり眠れた。
    朝6時半には(これは確認していないが多分)乗務員が再び訪れ部屋の電気がついた。
    目が覚めた。
    7時くらいだったか船内放送で「もうすぐ明石海峡です」と言ったので、展望デッキに再び行くと、夜とは違い、きれいな空と海が広がっており、たくさんの人がその景色を眺めたり、カメラを構え撮影をしていた。

    展望デッキ

    明石海峡5

    明石海峡4

    明石海峡2

    それから喫煙所でわかばを吸ってから朝8時半大阪南港に降り立った。
    港に着く前に乗客が出口前に並ぶのだが、ざっと見ただけで約300人以上はいた。
    そういう未知の人間300人の中で、12時間40分の船旅なのだが、寝ている時間が長く、なおかつどういう理由かはわからないが船内は地上よりも時の流れるスピードが速く感じ全く苦にならなかったし、大きいフェリーだからだろう揺れもほとんどなく船酔いなども全くなかった。
    今までなら例えば夜飛行機で行きホテルで眠り、としていたが、それよりもフェリーのほうが水をかきわけ徐々に目的地に着く感覚も心地よく、またホテル代も節約できるしで、移動手段の一つとして新たな候補に入ることになりそうだ。
    ともかく、何の不満もない、良い船旅だった。


    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ