マイペース・マイワールド

    金持ち喧嘩せず

    イスラム国ではなく文フリ国の戦士となろうぞ!

    文学、という言葉から、何を思い浮かべる?
    過去か、あるいは外国か。
    しかし、今、我々は、日本で文学をしているのだ。
    過去じゃない、今だ!
    イスラム国じゃない、日本だ!
    もう文学以外には何も無いのだ。
    文学がなくなれば、クズでダメ、社会の底辺で生きる、もしくは殺されるのだ!
    文学とは、クズのバイブルだ。
    私は文学を知らない、という人もいるだろう。
    しかし少なくとも、文学という名を冠した、文学フリマに参加しているではないか。
    我々は、過去ではなく、今、文学している同志ではないか!
    だって、そうじゃんか。
    今、文学しているものは、我々以外にいるか?
    そうだ、どこにもいやしない!
    文学フリマに来ないで文学しているという奴は、就職活動として小説を書いている人でしょ?
    やつらは文学などしていないでしょ!
    履歴書、職務経歴書を、面接官に喜ばれるように、書いているんじゃんか!
    もう大げさに言うならば、文学するとは、文学フリマに行くことだ。
    そこで文学の現実を知ることだ。
    そこで我々の非力さを思い知ることだ。
    そこで文学が、この国で、どういう立場にあるのかわかるだろう。
    我々は、いつまでも、見下される立場だ。
    我々が、こんなにも必死に文学をしているのに、だ。
    半年に一度、他に何の用もないのに、ただ文学フリマの為だけに、数万円かけ飛行機に乗って行くのに、だ。
    そうまでして、挙句の果てに、だ。
    東京人に、
    「何しに来た?」
    と聞かれ、
    「文学フリマ」
    と答えたら、
    「えっ、何それ?」
    と言われるのだ。
    わかるか、この気持ちを?
    文学していることすらも認められていない現状を、誰が容認できるのか!
    北大生がイスラム国戦士になろうとして逮捕されたらしい。
    イスラム国に行く前に、日本国内でやることがあるではないか。
    今現在、我々、日本文学戦士は、不足しているのに、イスラム国戦士になってどうするのだ。
    文学が消えるとは、人間性が消えることだ。
    そんな時に、イスラム国の前に、日本人ならば、やることがあるのではないか。
    文学を置きざりにして、一体どこへ行こう、と言うのだ。
    そんなものは現実逃避にしかすぎないだろう。
    文学の問題から逃げるように、人間性を求めてアラブの問題に飛び込んだにすぎないじゃないか。
    気持ちはわかる。
    確かに、M月司令官が、我らの城砦を、東京流通センターに築いた。
    このことには賛否はある。
    だが、よくよく考えれば、この地への築城は名采配であったかもしれぬ。
    私も、今まで気づかずにいたのだが、この城のメリットは、敵が容易に攻め込めぬところにある。
    何せモノレールという一本筋を通らねば城へは辿り着けぬのだ。
    我々は、ここで篭城し、文学を死守する。
    時間をかけ、刻一刻と兵力を増し、いずれ日本全土へ進軍するだろう。
    これは世迷言ではない。
    永遠などないのだ。
    だって、菊池寛が文藝春秋を作り、まだ100年もたっていないのだ。
    1923年創業だから、まあ約90年なのだ。
    我々も、遠き彼方から見れば、同時代人だ。
    そう考えると、多分あと100年くらい頑張れば、文学の勢力図を塗り替えられるに違いないのだ!
    好機はある、諦めるな!
    我々は、イスラム国には行かない!
    銃をペンにかえて戦う文フリ国の戦士となろうぞ!





    文学を救う会

    Posted by 椰子金 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/776-f9732019
    該当の記事は見つかりませんでした。