2014最期の夜の私とおまえへ

    今年も今日で終わる。
    もともと区切りない世界だ。
    時間も、国境も、作ったのはおまえだ。
    そうして、おまえは、現在では、人間そのものを細分化するのだ。
    言ってみろ、私は誰だ?
    (どんなカテゴリーにも属さない。)
    どうした、私は何なのだ?
    (カテゴライズできない。)
    おまえが、無知の知から、時計をこしらえ、暦をこしらえ、国境警備隊を設け、挙句の果てに男性用女性用トイレまでをもこしらえても、断固として。
    私は、それらを、一切合財無視する。
    私は今年何歳だ?
    (知らない。)
    死にたくないと暗闇を怖がるおまえは「電気を点けて」と言う。
    LEDでも何でも人工光を点ければいいじゃないか!
    死にぞこないの声が入眠時幻覚の最中に響く夜。
    鏡餅の上におまえは正座する。
    おまえのこえが耳奥で鳴り響く。
    私は誰だ?

    (Say die!)

    コメント
    トラックバック
    トラックバックURL
    Comment Form








    管理者にだけ表示を許可する






    カテゴリ
    月別アーカイブ

    Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ