マイペース・マイワールド

    心持ち喧嘩せず

    沖縄格安旅行1-ピーチとゆいレールー

    夜、22時半くらいだった。
    那覇空港に着く。
    滑走路内を歩く。
    着陸時、CAが言ったアナウンスを思い出す。
    「これより、飛行機を降りましたら歩いてLCCターミナルまで向かってもらいます。風がとても強い日があります。帽子はもとより、手荷物、お土産すらも吹き飛ばすほどですので、ご注意ください」
    お土産すらのところで笑ってしまった。
    だが沖縄の夜風は心地よかった。
    もう春だ。
    ターミナルという英語の単語がもったいない倉庫のようなLCCターミナル内に入る。

    夜の那覇LCCターミナル

    LCCターミナルから国内ターミナル行きのシャトルバスを待つ長蛇の列に並ぶ。
    5分ほどでバスが来た。
    手荷物を預けていなかったから、一便目のバスに乗ることができた。
    それからゆいレールで、那覇中心部のホテルを目指した。

    ゆいレール

    モノレールの切符は珍しいスタイルだった。
    切符の端の表面のバーコードを読み込ませるという見慣れない方式なので、内地から来たシティボーイ・シティガールたちは少し戸惑うことになるだろう。

    費用。
    飛行機:往復で約9000円。(福岡ー那覇を12月に予約、12月に支払い済み。)

    2月24日、初日。交通費。
    モノレール:300円

    貧乏人の特性として、まとまった金がないという現実がある。
    なので、旅行に行く時も、航空券は早めにとり、支払っておく方がいい。
    ピーチは早いほうが最安値というわけではないが、こうすることで、旅行費用の分割払いという効果が得られるだろう。
    ちなみに、ピーチのメルマガ会員になると、バーゲンセールの案内が来るのだが、福岡ー那覇が2000円というものもあり、半額ハンターとしては少し悔しい思いをした。

    関連サイト
    ピーチ航空
    ゆいレール運賃表

    Posted by 森井聖大 on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://saydie.jp/tb.php/826-000a4441
    該当の記事は見つかりませんでした。